kazusuke のすべての投稿

L35改造計画(コピペ)

 避難所からのコピペ。元々覚え書き記事だったのですが、そろそろあっちも必要性が無くなってきましたので、本来の意義を果たすべくこちらに移動。覚え書きを消したら意味がないですからね。以下コピペ。

 ちょっとした覚え書き。
 Dynabook Satellite L35ですが、糞チップセットと名高いGL40を搭載し、CPUはCeleron 900という悲壮感漂う性能となってます。このままだとやっぱいかんので、CPUを換装しようかなと。
 Celeron 900はPenryn-Lで、45nmプロセス。もちシングルコア。L2キャッシュは貫禄の1MB…orz
 同世代の上位はPenrynのCore2Duoなのですが、そもそもGL40じゃ動かない…と思っていたら、
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000077470/SortID=11028503/
 いやー神スレですわ。L21はL35の前身らしく、スペックも殆ど一緒。ってことはたぶんBIOSも一緒だから、少なくともT8100やT8300は動くはず。ともすればT9300やT9500も…。
 と思ってたらBIOSは違うみたい。でも…
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000118769/SortID=12141610/
 なんだ普通にT8100が動くんじゃないか。これはほぼ確定で換装可能です。
 どうもGL40チップセットはFSB800MHzまでしか対応していないようで、必然的に上に挙げた4製品に絞られます。またmicro-fcbgaのは半田付け用だからNG。micro-fcpgaのを探す。というかLGAじゃないんですね…。時代を感じるというかなんというか。一応このPCは2010年モデルなんですが…。
 ヤフオクで見るとT8100が3k、T8300が5k、T9300が7k、T9500が10kといったところ。と言ってもT8100じゃクロック下がっちゃうし、T8300以上を狙いたい。いや勿論クロック下がっても性能的には上であるのは分かってます。気分的な問題。
 あとメモリも増設しなきゃ。L21はDDR2-800なんですが、L35はDDR3-800です。これもGL40のせいでクロック頭打ちです。ついでに総容量も4GBまでの制限。おのれGL40め…。
 CPU&メモリ換装できっとステキな未来が待ってるはず。本体の耐久性は本当に優秀なので、これからも是非良き相棒で居てほしいですねぇ。

 実は実家に帰ってから一度L35を解体しています。が、実はCPU露出とまではいかず…。何故かというと、モニターとマザボを接続しているフィルムコードがどうにも外れなかったから。たぶん力ずくで外すんだと思うのですが、少し怖かったのでそこでストップ。あとはキーボードを繋ぐフィルムコードを押さえる部品が少し割れたりしたんですが、まぁ押さえることは出来てるし、実際動作してるんで問題はない。
 こんな不安定な状況で交換するのか、という話なんですが、遅かれ早かれやろうと思っていることですし。実は明日から一ヶ月京都に一人住まいになるのです。だから寺町にも行きやすいし、何よりL35を使わないといけなくなってしまったというのが一番の理由。早いところセレロンはゴミ箱にシュウゥゥゥゥーッしたいわけです。シングルコアとかマジ化石。
 でも実際換装する勇気あるかなぁ…。その時になってみないと分かりません。

一大事

 無事64bit環境に移行し、メモリ4GBを満喫しております。「64bitなら8GBは積まないと、32bit@4GBに劣る」なんてどこかに書かれていた気がしますが、そんなことは無かったぜ。
 なお取り付けたメモリはこちら。

画像

 GTI-Rです。嘘です。
 そんなことより一大事。何って、
 ゲ ー ム パ ッ ド が 壊 れ た
のです。そう、過去何度か記事でも取り上げたアレ。あまりのゴミっぷりに何度も破壊しようとしたが、MOTTAINAI病が発病して実行に移せなかったというアレ。あまりにもゴミなのに、未だに製造販売しているという不死鳥のようなゲームパッドです。
 実はボタンのゴムは既に数カ所破けて押しても戻らなくなっていたのですが、今度はそういうミクロ(!?)なところではなく、完全にボタンが効かなくなる故障です。具体的には断☆線なのですがね。右のトリガーの基盤とメイン基板とを繋いでいる導線の半田が取れたのが原因。
 付け直せば良いって話なんですが、こて先の太いものしか持っていないので少し困難。というよりそこまでして直す気が起きないってのは正直なところ。だって壊れたゴミを直したって所詮ゴミだもの。
 今度は同じ過ちを繰り返さぬよう、変換アダプターにしようかと思ってたり。本当はGCのがあるとハッピーなわけですが(スピードフォースが動くか試せる)、たぶんPS用しか無いでしょう。本当にこの点だけはPSが羨ましい。
 おまけ

画像

 いやだから列車名が違えばそれで解決だっただろうが。全部「くろしお」じゃ行き先もすごくわかりづらい。(特に新大阪で”京都行き”のくろしおってのは実に混乱するのです
 そういえば287系の車内チャイムですが、283系と同じものでした。283系がこの世にいた証が一つでも残って本当に良かったと思いました。うん。流れ的に存在自体無かったことにされるのではないかと心配だったから、少しだけ救われた気分。でも名前は返してあげてください。この通りですお願いしますJRWさん…

メモリ高い

 このメモリ底値の時期に何を言っているのか。何を隠そう我が家のPCはdynabookを除き全てDDR2なのです。
 容量単価にしたらもう何倍になるのか、正直計算したくない。出回ってる品数も減ってきてますし、ここらでいっそ買っておこうかなと。
 まぁ何のきっかけもなくそういう話になったわけではなくて、今回のPCパーツ購入の主役はCPUクーラーなのです。私のじゃなくてリビングの。組んだ当初からリテールクーラーだったのですが、近頃回転数上昇時に「ブーン」と言った異音が鳴り始めまして(まぁ私が気づいたんですが)、こりゃ止まる前に換装しなきゃいかんなーと。あと前PCの起動ディスクだったHDDが飛んでしまっていて、現在HDD一つでの運用で若干綱渡り気味なのもあり、HDDも一緒に買うことに。
 そんでついでに緩慢な動作改善策として、メモリの増設・OSの再インスコを挙げたわけですが、リビングPCのメモリも私のもDDR2-667であることが判明。DDR2-800のを買って667のに合わせるのもなんだか損だし、ここはいっそ私のPCのメモリを667から800に格上げして、リビングのを667で統一しようかなと。四本スロットのあるリビングPCに1GBのDDR2-667メモリを四枚(内二枚は私のPCからの移植)、二本しかスロットのない私のPCに新たに2GBのDDR2-800メモリを二枚搭載。これで丸く収まります。OCももう少し余裕が出るでしょう。
 結局買ったのは以下三つ。

  1. Cooler Master Vortex Plus
  2. Western Digital WD5000AAKX
  3. UMAX Pulsar DCDDR2-4GB-800

 クーラーはダクトのサイズに合うギリギリサイズのをチョイス。前吸気が貧弱なので、外気導入は死活問題です。これでも隙間から埃を吸うようならグラボの位置あたりに吸気用ファンをマグネットステイで立てようかなとか。
 なおダクトを付けることによってCPUクーラーの冷却力が低下するのは知っています。そんなの吸気抵抗が増えるのだから、同じ回転数ならより冷えなくなるに決まっています。大事なのは外気を吸わせて超負圧なケース内状況を少しでもマシにすることです。(実はHDD冷却用ファンを付ける前はもっと負圧が酷く、光学ドライブの隙間は埃がビッシリ付いて収拾がつかなくなっていました。)古い設計(Mt.Jadeですが)のケース故、このあたりの事情はなかなか厳しいものがありますね。
 HDDはまぁ青キャビアでいいかなと。1TBにしなかったのは、リビングPCのOSがXPだから。aftとかなにそれ旨いの?正直もはやXPであることのメリットよりもデメリットの方が目立ってきてるので、さっさと7にしようぜなんて言ってるんですが、DSP版でも10kは下らないですからホイホイ買えるようなものでもありません。パッケージ版のWin7買った本人が言う台詞でもない気がしますがそんなこと気にしてはいけない。
 最後のメモリですが、ハッキリ言ってあまり選択肢がありません。同価格帯だとSiliconPowerかTranscendくらいですかね。10k超えの高級メモリも一応ありますが、そう長く使うものでもないと思うので、動作報告も良好なUMAXに決定。チップはたぶんpscでしょう。ちなみに私のPCに付いてるBuffaloのメモリ(Hynixチップ)は1GB×2で10k超えていました。時代を感じさせますね。動作自体は非常に安定しています。
 昨日の夜十一時過ぎにドスパラで注文したのですが、今朝十時前には発送メールが来て、クロネコの伝票番号が届きました。仕事早すぎて少し驚いています。
 クロネコのことですから明日朝には着くでしょう。wktkが止まらない。

皮算用

 久々に10kmほどのライディングに行ってきたんですが、自分の体力低下もさることながら、変速系のへたり加減に閉口しています。(ちなみに10kmといっても山を上り下りする道なので距離の見た目よりはしんどいのです。)
 問題点を列挙すると、

  1. フロントディレイラーのロー側ネジが脱落紛失→チェーンが頻繁にイン側に落ちる
  2. チェーンリングアウター側が曲がっている→チェーンがアウター側から外れる
  3. リア8sなのにフロントが10s用
  4. リアディレイラーがどう調整しても合わない
  5. その他諸々…

 クランクセットがTRUVATIVだったり、スプロケがSRAMだったり、メインコンポが2300だったりするのは入門車故仕方のないことで、それはそれとして使える筈なんですが、破損箇所がある以上「安物」ではなく「欠陥品」です。早急に交換が必要。
 ということで軽く皮算用的なプランを考えてみます。コンポは105の方向で。Tiagraとさほど値段が変わらないですし、ものによっては105の方が安かったり(STIレバーとか)。
 まず一番問題なフロントの変速系ですが、クランクセットを替えると大がかりになる上結構値が張るので、チェーンリングだけ替える方針で行きます。具体的には105のFC-5750になります。色は黒の方が良いかなぁ。お値段は3000円弱。シマノのコスパは恐ろしいです。
 次にフロントディレイラーですが、ネジだけ替えりゃいいんじゃねーのという話。でも2300コンポの替えネジ売ってない!!流石名無しコンポ。というわけなので選択肢は自動的にFD-5700しかありません。お値段は2500円ほど…ってチェーンリングより安いのかよなんでやねん。
 こうすると前が完全に10s用のコンポになるので(厳密にはインナー側が手つかずですが)、どうせならリアも10sにしたいところ。RD-5700が4000円ほど、CS-4600(価格差考慮でティアグラ)が2600円ほど。で、ST-5700が18000円(!?)ほど。ゼロの数は合ってますハイ。STIレバー高杉だろjk…。というわけなのでこっちの案はとりあえず却下。10s用の安いレバー無いの-?
 またパーツだけじゃなくてグローブも替えないといけません。一年間雨の日も風の日も通学に使うとそれはそれは見るも無惨な姿に…。OGKがペラいのはもう分かっているので、今度はパールイズミのレーシンググローブにしてみようかな。2500円くらい。あとディスプレイスタンドも一つ足りないから補充。2000円くらい。
 なんだかんだで10kほどいきそうね。結構高く付くのなぁ…。

now creating

 ほぼ全て完成していた個人サイトですが、あちらこちら気に入らないので一から作り直すことに。
 理由の一つは、一からでも組めるくらいにCSSの世界が見えてきたということ。それでもリファレンスを見ている時間が大半を占めるのですが、右も左も分からなかった頃から比べると随分な進歩です。CSS便利っすわー。
 さて、今回のは設計思想として、

  1. HTML5に準ずる文法で書く。
  2. VGAサイズの画像がそのまま貼れる広さを有する。
  3. 右側に本文の注釈を入れる場所を確保する。
  4. FFのカラーマネジメントの影響を受けにくいようにする。

というのがあったりします。どうせなので最新な仕様でやっちゃおう。
 エディタはCrescent Eveというのを使い始めまして、これがなかなか良い。文法チェックは速いし、プレビューはリアルタイムだし。出来れば外部CSS編集でもリアルタイムにプレビューできれば嬉しいんだけどなぁ(チラッ
 現在は上メニューまで完成しており(といっても色変更や何かはまだやりますが)、これからフッターやらを作っていきます。

maintain

 まだまだstableな状況じゃないですが、何もしなくてもどうしようもないので少し動きを見せてみます。
 外付けHDDの熱問題は前々から気になっていたのですが、ついに「Fドライブをフォーマットしますか?」などというえげつないことをいとも容易く言ってくるようになったので、PC内に移植することにしました。まぁ回復不可能セクタが大量にあったりと、なかなか健康状態が悪く、お先も長そうでないHDDなのですが…。
 PATAだと思っていたらSATAだったみたい。ケーブルの取り回し的に楽でちょっと嬉しい。

画像
画像

 この様子だと、いつでも外付けHDDケースとして使えそうです。短時間使用なら熱も問題になりませんし。
 取り外しも終わり、あとは組み込むだけ…なんですが、よく考えたらSATAケーブル足りなくね?
 ということで少しの間策を練っていたのですが、よく見たら前面eSATAのケーブルが。しかもフロントIOから簡単に抜くことができた。これをDVDにつかえばいいじゃん。ということで、DVDドライブからSATAケーブルを引っこ抜いたのですが…

画像

 ………………………………(^p^
 青色SATAケーブルのコネクタにはしっかりと黒い部品が入っていました。なんてこったい。
 このケーブルをDVD専用にすることも考えましたが、6Gbps対応の新しいケーブル故、そんな勿体ないことはしたくなかったわけです。ということでコネクタに入り込んだ部品を無理矢理引き抜いて、eSATAに付いていたコネクタに押し込む。んでこいつをDVD専用ケーブルとします。いやしかしピンが折れなかったのは不幸中の幸いといったところですかねぇ。
 ちなみにこのDVDドライブは、この間近くのショッピングセンターでやっていた中古PC売り場で見つけたもの。500円ナリ。あと弟の壊れたDVDドライブの代替品(300円の東芝製DVDドライブ。なんと2002年製。ちなみに壊れたのは2007年製…)と、プラネックスの無線LAN親機(500円ナリ。WANポートのピン折れありだが、APモードで駆動させるため無関係。)も買いました。ゴミのように放ってあるメモリ群からDDR3のノート用メモリも見つけました(100円ナリ。一つしかなかった…)。

画像

 グラボ。凄くきたない。どことなくきたない。そこはかとなくきたない。きたない。
 フィンに目詰まりした埃はファン騒音の原因でもありますから、カバーごと取り外しの上、掃除機で綺麗に吸い取っておきます。
 

画像

 組み込み。上が起動ドライブ。下が元外付けHDD。SATAポートは左上がDVD、右上が起動ドライブ、右下が元HDDへ繋がっています。

画像

 全景。白いのは自作後方排気ダクト(安心と信頼の厚紙製)。ainexのマグネットファンステイで固定してあります(マジ神製品っす。ainexさんぱねぇっす)。
 上に見える銀色のは自作後方排気ダクト(接着面付きアルミ板製。但しダイソーのもの)。埃防止とともに騒音低減効果があります。
 今後ですが、後方排気ファンを付けて、CPUクーラーをサイドフローに変えようかなと。上ファンは静圧低いですし、熱溜まりを作らせない的な役目でいいかなーとか思ったり。