「雑記」カテゴリーアーカイブ

t100ta

買っちゃった☆

 

画像

 初Win8.1です。まぁWin8すら触ったことないんですけれど。
 結論から言うとWin8.1もダメですね。正しくは「吊るし状態でダメ」なのかもしれません。起動は早いし、動作は軽いし、その辺は良い。ただ、GUIが絶望的にダメ。結局MSはWin8の失敗の経験を全く活かせていないようです。まるで成長していない…
 あの大仰なスタートメニューも、ランチャー的に使えて、アプリ一覧も表示アイテムを選べればまだ使えたでしょう。でも実際どっちもできない。ああいうメニューには本来アプリケーションを起動するリンクだけあればいいのに、実際はそうなってない、というか、これまでのプログラムグループの使い方を完全に否定しつつ、互換性を持たせてしまったからおかしなことになってる。やっぱり考えたやつは馬鹿です。間違いない。
 でもまぁ実用的に問題があるかといえばそうでもない。ClassicShellを入れてしまえば良いわけですし。ClassicShellと7TaskbarTweaker+は最早必須。寧ろなぜ標準でこのくらいの機能を搭載していないのかわからない…。
 肝心のT100TAの方ですが、値段の割には中々。タッチパッドがクソという評価が目立ちますが、まぁ実際クソです。面積が狭いため、左右クリック部もパッドに一体化したというのは別に構わんのですが、こんなにストロークが深くて硬いとストレスフル。細長くても構わないから分離した方が良かったでしょうね。そもそも普通タッチパッドを使うときはタップで操作するのが殆どなので、分離された左右ボタンを使う場合は非常に限られます。たとえば精密なドラッグがしたいとか、カーソルを動かさずにクリック動作をしたいとか。でもタッチパッド一体型だとどちらもできませんので、個人的にはこの一体型ボタンに存在意義を感じられません。
 対策としては…使わないこと。どうせ一体型で一枚のタッチパッドなので、クリック動作なんてなかったと思い込めば別に問題ありません。が、タッチパッドには実はもう一つ悪いところがあって、それが「ジェスチャーがクソ」というある意味致命的とも言えるもの。ドライバ&ユーティリティの更新で多少マシになった気はしますが、それでも褒められたものじゃありません。特に多用する「二本指でのスクロール」が不安定。Win8.1デフォのスタート画面で使おうものなら、誤爆が頻発して関係ないアプリが起動しまくります。何度か試してみましたが、右に来る指のほうがタッチパッドの上に来るようにした方が良く認識するような気がします。気のせいかもしれませんけど…。私二本指スクロールは中指と薬指でする派なもんで(人差し指はクリックボタン上空で待機)、開発側の意図する人差し指と中指と指の位置が違うから余計ダメなのかもしれません。
 悪いところばかり挙げましたがそれ以外はすこぶる良好。特に電池の持ちに関しては感動的です。本当に減りませんね。30分でパッテリーを食いつぶすサブノートとは大違いです。これで電源を確保することなくゼミやなんかでPC使い放題です。やったぜ。
 現状オフィスは試用版を入れてあるんですが、近日中にきちんとしたものを買わないといけません。アカデミックで買おうと思ったんですが、バラ以外だとProfessionalしかない模様…。確かにアカデミックなのにHome&Businessってのもおかしな話ですけれど。それでもOutllookとかAccessとかOneNoteとか、どう考えても要らない。現状絶対にMSOfficeじゃないと困るのはPowerPointだけなんです。これだけはほかの人が作ったものとマージすることが多いので、Impressなんかで作っちゃうとレイアウト崩れでひどい目に合う。経験者は語る。
 逆にいうとWordとExcelは絶対MSOfficeでないと困るわけでもありません。現状では。そこで考えました。PowerPointとExcelだけアカデミックのバラで買って、加えて一太郎をアカデミックで買えばいいんじゃね。大体総計はProfessionalと同じくらいになりますが、個人的にWord+Outlook+Access+OneNote<<<<一太郎+ATOKなので、別に損した気にはなりません。加えてジャストシステムのソフトは3台までインスコ可能なので、メイン・サブノート・タブレットの三つともATOK化できます。これはおいしい。(ちなみにMSOfficeは二台までだそう…。)Officeの試用期間はまだ余裕がありますが、年賀状も作らないといけないので、一太郎はさっさと頼んでしまおうかとか思っています。  ちなみにアカデミックでMSOfficeのソフトは大体8kちょいが最安。一方一太郎はATOK付でアカデミック6kちょいの模様。安すぎィ!  こうして私のWin機がまた一つ増えたわけですが、大学でこのタブレットがWin機三台目だと言ったら「一個くれ」とか言われてしまいました。お断りします。

\(^o^)/

 hage未遂多発中…
 

画像

 \(^o^)/
 一人死ぬだけで最早対処のしようがないので、こうなると撤収です。様子見でわざとhageたり、直前セーブでhage覚悟で特攻したりとか、そういうのは邪道なので…

画像

 ↑命からがら逃げ延びることに成功
 とにかく無明の使者で大体こちらのパターンを崩されます(具体的には前列のハイランダーが落ちる)。サイモンが遅くてクァールよりも先に行動できないのがかなり痛い。前ターンに前列にダメージが入っていると、防御陣形Lv4+フロントガードをしたところでハイランダーには50超のダメージが入るので、防御しないと耐えられません。なんてこったい…
 もう一つ辛い要因が横にスタンバってる鳥。追跡型なので毎ターン明滅弾を投げないと乱入してきます。
 逆に言うとこの二つが何とか出来れば、弱点持ちのボスなので定量分析とスペアインボルブでかなりダメージが稼げるしなんとかなりそう。ああいう全体攻撃はターン数固定とか、そういうことあるんだけどどうなんだろう…なんて思いつつ、封じていたwikiをチラっと見てみる。
 ・無明の使者はターン数が四の倍数の時
 ・鳥は先に倒せば楽
 ターン数固定は予想通りで、自分で調査すれば分かった話なんですが、鳥を先に倒す頭は無かった…。あいつさえ先に倒してしまえば明滅弾投げ係は必要なくなるわけですね。シリカ商店で25個も明滅弾を買い込んだのは一体何のためだったんでしょう…
 鳥を先に倒せばいいことが分かったので、先ほどの状態から直接鳥を倒す方針に。TPも残ってるし、大丈夫だろうと思ってたらインザダークでフレドリカが一撃でした\(^o^)/ 後列が一撃で落ちるなんてこと今まで無かったので、あれは遠隔攻撃なんでしょうか…。ともかくラクーナさんにバックガードをしてもらいつつ、鳥を倒します。
 さてここまで出来ればこちらのもの。鳥も倒したし無明の使者を封じられるなら負けることはねーぜー

画像

 ファッ!?

ハハッ

 R.A.T.7、前から良いなーと思ってたんですが、このたび祖父にて購入。いよいよM705のホイールが言うことを聞いてくれないので…。ソールも削れまくってガリガリです。
 

画像

 前に京都のビックかどっかで触って、その時から持ち心地は気に入っていたんですけど、最大の決め手はやっぱりサムホイール。これで横スクロールが出来ると色々捗りそう。サムホイールといえばMX-Rのあれは完全に詐欺ですよねぇ。
 重さの調整が出来るんですが、一番重い設定のままにしてあります。180g超ですが、130g程度のM705と比べてもさほど重い印象は受けません。ソールが新しいからですかね…?あとは小指薬指を乗せられるパーツに変更して、長さを一段階だけ長くしてあります。3,4ボタンの前後位置は大体真ん中くらい。precision aimボタンがある関係で、大体親指の第一関節あたりに3,4ボタンの真ん中が来るくらいにするのがベストかと思います。
 サムホイールでの横スクロールですが、色々なサイトを見ていても矢印キー左右に設定する人が多いみたいです。ただ私はなんか気にくわないのでShift+Wheelというように動作させています。本当はShift押下設定とかあれば楽で良かったんですけど、無いので仕方なくマクロを組むことに…。Shift押下時間は別に人それぞれで構わないと思うんですが、私は0.080に設定しています。この時間内に次のShift押下判定が入るとShiftは押しっぱなしで新たにマウスホイールの判定が入るので、ほぼShift+Wheelを仮想的に実現できています(下図)

画像

 初めMacroのチェックボックスにチェックが入っていなくて、たまにMouse Wheelの判定よりも先にShiftが離されてしまったりして軽くはまっていました…。
 しかしコレになれるとチルトホイールなんて馬鹿みたいですね。元々あののんびりカクカク動くのは嫌いだったんですが、上下と同じくグルグルと動かせるようになるともう戻る気になれません。
 あとこいつプロファイルを三つまでドライバ側で保持できて、その切り替えもマウスのボタンで出来るので色々夢が広がります。横スクロールの要らないソフトとかで、なんか上手なサムホイールの使い方があれば良いんですけれど、まぁそれは追々探していくことにします。
 ところで、マウスを買ったついでに新世界樹の迷宮買ってしまいました。だって2900円だったんだもの…。まだポケモンもモンハンも極めてないのにどうするんでしょうねこいつ。
 難易度は黙ってエキスパート。とりあえずストーリーモードをやっています。実は私世界樹1はやったことがないので色々新鮮です。UIも世界樹4から色々進化していて良い感じ。特にオートパイロットのスタンプツールは最強です。今までちまちま一つずつ置いていたのが馬鹿みたいです。あとオート戦闘のスピードSONICがサクサクで良いですね。フロアジャンプは便利すぎるので封印しています。
 特に稼ぎとかやってないんですが、最初からクエストをゴリゴリ進めるタイプなもんで適正レベルを軽く超えてしまってる気がします。もうカマキリが青枠ってどういうことなの…。(まぁ青枠になったところで、二部屋目のカマキリは2体構成なので勝てないわけですが…。一部屋目のは橙色枠の時に既に倒してしまったので青枠だからカモってわけでもありません。)
 適正レベルは超えてそうとか言いつつ、暴れ野牛とギラファビートルは強い。あと低階層で出る癖にゼブラテリウムの火力もやばい。守りを固めていない場合前列の一人に攻撃が集まると軽くワンキルされるので、パラディンのフロントガードが必須です。
 金銭面はかなりシビア。とてもじゃないですがその時点での最強装備を全員分揃える資金力は無し。なるべく懐が潤うように、積極的に採集には手を出してるんですが、雀の涙。
 まだ一回しかhageてなかった(1回目はカマキリちゃん)んですが、さっき無策でスノードリフトに挑んでhageました。様子見のつもりだったのでhageるのは想定内だったんですが、暫くセーブをさぼっていたのは想定外でした(^p^ 5Fマップ完成させてから一度街に戻った後挑んでいた筈なのに、セーブをロードすると5F中盤までしかマップが完成していませんでした。また総経験値で12500ほどが吹っ飛びました。なんてこったい…
 街に戻ったらとりあえずセーブして糸を買う癖を付けないとダメですね。1階層では3FでツスクルがHPとTPを全快してくれるので、時間と金をケチって宿屋を使っていなかったんですが、その結果がこれ。オートセーブにしているのでいつもセーブをしてる印象が無いってのがねぇ。
 しばらくは世界樹漬けの予定。寝るまでになんとか一層クリアしたい…。

パッチール

 

画像

 なんか動きがツボった
 直取りで固定台も使ってないのでぶれてます。仕方ないね
 今レベルは36ですが、Dに関してはLv.76の初代マッハくんに肉薄しています。努力値252&個体値V&性格補正は伊達じゃありません。それでも無振りのBに離されますが、逆に言うとBになんか振らなくても十分ってことなんでしょうね。
 発売前から話題になっていた群れバトルですが、今までにない特殊なシステムではなく、トリプルバトルのシステムを利用したものなんですね。個々のレベルは他の野生のポケモンの半分程度な上、自分は手前真ん中に配置されるので、じしんとか持ってるとただのカモです。

 ↑じしんで一掃されるパッチール隊の図
 群れバトルと言えば、ザングースとハブネークの群れは衝撃的。出てきた時点で予想はしてましたが、ハブネーク4体がザングースをフルボッコにしてくれるので、ザングースの捕獲が大変です…。
 この辺の野生ポケモンのレベルは50程度ですが、弱点さえ突かれなければこのレベルでも十分耐えてくれるのが嬉しい。サイホーン最強や!本当はそのくらいのレベルのポケモンを出してくるトレーナーが居れば楽で良いんですけれど…

ヘッドホンの次は…

 なんかおもろそうなコンポがあったのでメモ
 パナのSC-PMX9ってやつ。前機種のPMX5は2012年に出てたらしい。全然知らんかった…。更に言うと初代機種のPMX1は日本未発売らしい。その辺詳しくは価格コムの記事参照。Technics時代のエンジニアがご健在という話はちょっと嬉しかった反面、良いエンジニアを腐らせてるパナの戦略に疑問。
 このコンポは光デジタル入出力も無いし、昔は積んでたUSBDACも積んでないし、Bluetooth対応もApt-xやAACやなんかには非対応だしで、最近ハイレゾオーディオ路線で元気なソニーと比べるとひじょーに見劣りする。ただ、このコンポは兎に角スピーカーが面白い。このサイズで3Wayなんだから、いくらオーディオマニアでパナとか安物だわー興味ねーわーなんて思ってても二度見するだろうと思う。同じ感じで小さいのに無理矢理3Wayのスピーカーを押し込んだのはJBLの4312Mなんかがあるけれど、それよりも更に小さい。高さとか4cmも低かったりする。そのくせウーファーは14cmとかいうばかでかいのを積めてるんだから意味が分からない…。
 しかも、というか正直ネイティブな要素な気がするが、このスピーカーのインピーダンスは3Ωなんだそう。ちょこっと調べたところ、3Ωなんてスピーカーはカーオーディオ用か、極々一部の5.1chサラウンドシステムのサテライトスピーカー用かくらいしか無いらしい。そんなわけでスピーカー単体を何かに流用するのは無理そう。4Ω対応のアンプで頑張れば、というか普通の音量なら問題なく運用できそうな気もするが、絶対安全でないと気が気でないのはオーディオマニアにとどまらず機械好きなら誰でもそうだと思うので、たぶん誰もやらないと思う。けど折角ターミナルをネジ式にしてるのに正直勿体ない気がする。寧ろそういうところがパナらしい。褒めてない。
 参考までに、先日ソニーが発売したCMT-SBT300Wのスピーカーは8Ω。多分8Ωを駆動できないアンプは無いので実に汎用的。まぁこのスピーカーをあえて別のアンプで駆動する人は居ないと思うけれど。私事だが弟がD-dockの後継として買ったらしい。D-snapを使っていた頃から使っていたコンポだから随分と長生き。D-snap爆死後はWalkman Xを使っているので、WMPortのあるこれしか選択肢が無かったんだそう。
 使い方としては、AUXでPCの音を再生。だがこれではデジタルアンプが無用の長物になるので、リスニング時はDLNAでflacを聴くのが正しい使い方だろう。USBDACを積んでおいてくれれば1番良かったのだけれど、無いから直に繋がないと仕方がない。ただこれだとDLNA時にPCの音が聞こえないという致命的欠点がある。その点は外部のUSBDACを繋いでAUXに入れれば良いだけなのであんまり気にしなくても良いような気がする。しかしUSBオーディオにすると5.1chが使えなくなるので、これもまたジレンマ。直繋ぎとUSBDAC経由との切り替えスイッチを用意して…っていよいよ意味が分からなくなってくる。やっぱりUSBDACくらい積んで欲しかった。
 ちなみにお値段は実売42,000円。前機種のPMX5は22,000円。スピーカー部は同じかと思いきや違うらしい。またアンプがPMX9の方が良いらしい。参考までにJBLの4312Mのブラックは2本セットで43,000円。ただしこっちはアンプが別途要る。
 正直かなーりお高いけどなーんとなく惹かれる。パナとか興味無いわーとか言いつつ、実は実家で小学生の時買ったコンポがパナだったり、後から買い足したターンテーブルもテクニクスだったり、母方の実家に置いてある叔父さんの買ったコンポがテクニクスだったり、何故かパナのオーディオ機器にご縁がある。あとこういう競合製品といろんな意味で一線を画する変態な製品は私の大好物なので、実物を見て良ければ前向きに検討しようかななんて思ったりする。けど実物は一体何処に置いてるんですかね…。
 この製品、お手頃なHiFiコンポとして宣伝すれば特定の客層には受けると思うんだけれど、いかんせん宣伝不足が過ぎる。バッジエンジニアリングで良いから、日本では「テクニクス」ブランドを復活させて売れば否が応でも注目を浴びると思うんだけれど、パナさんどうですかね?絶対に名前で損してますよこれ。

モバイルPC欲しい

 欲しい、というか要る、が正しいかもしれない。
 今持ってるラップトップはマウスのLuvbook K(ClevoのW150ERQ)だけ。15.6型の中でも上の下くらいの性能で、かなりヘビー級。2.5インチストレージが二台積める(スピンドルを潰して2.5インチストレージにするアダプタを使えば三台積める)。Core i7 3630QM搭載(4コア8スレッド)で、TDP45W(超大食らい!!)。GeGorce GT650M搭載。こいつも大食らい。パフォーマンス設定で、各種3Dゲームのベンチ回してる時で大体70W程度の消費電力。ちょっとしたデスクトップPCくらい電気喰ってます。
 バッテリー消費低減設定(dGPUオフ、CPU稼働率制限)をしても、電池はモリモリ減っていく。それもそのはず、これだけ大食らいででかい筐体なのにバッテリーの容量はたった4400mAh(48.84Wh)しかない。
 そんなこと最初から分かっていた訳なんですが、重さでかさ云々ではなく主に電池の持ちのせいでゼミに持ち込むには辛い。電源さえ取れれば良いんですけれど、どこでも取れるわけじゃないですから…。
 じゃあこいつは要らない子なのかというと全くそんなわけありません。実家に帰る時やなんかには120GBのSSD+1TBのHDDを積んでいて、8スレッドで動くCPUと独立したGPU、メモリは8GB搭載という素晴らしい性能を鞄一つで持って行けるんですから、大いに存在意義があると言えます。というか最初から「手軽に移動可能な据え置き機」として買いましたからね。ただ少しの間でもモバイル用途としてのPCの役を買ってくれないかと期待していたのですが、甘かったようです。やはりこのクラスのPCに付属のバッテリーは、室内での小移動用、及び停電時の予備電源用と考えるのが正解らしい。
 というわけで実際に買う時期はともかく「電池の持つ」ラップトップが要りそうなので、少し調べました。んでそのメモ。
 過去の資産活用や互換性を考えてもOSはWin8一択(RTとか有り得ない)。
 15インチまでならメッセンジャーバッグに入るから大きさは拘らない。(駆動時間が大事!)
 オフィスが快適に動いて欲しい。
 まずこの三つ。次、CPUの選択。
 Atom系かCore系かの二択。(AMD…?知らんな)
 Atom系は基本タブレットだが、拡張キーボードの付く機種も多い。但し買うにしてもBay Trail待ち。(Clover Trailと天と地の差!!)
 Core系はU型番かY型番。U型番はTDP15W、Y型番はTDP11.5Wだが、現状は殆どU型番。Y型番は一部タブレットなどに搭載されているが正直中途半端。
 4650U・4550U・4350U・4250UはHD Graphics 5000搭載。HD 4400は処理ユニットが5000系の半分しか無い。OpenCLとか使うなら5000積んでる方が絶対に幸せ。TDPも5000なら15W据え置き。5100は上位版だがTDPが倍近くに上がるので却下。(あくまで高速な3D処理が目的ではない!)
 従って上の四つのCPUに絞って機種を選考。しかしもう二機種しか残ってない!!
 4650U搭載機種がVaio Duo 13 (秋冬モデル)
 4350U搭載機種がLet’s Note AX3 (夏モデル)
 以上っ…
 なんですがLet’s Noteの方は64bitOSのくせにRAM4GBしか無かったり(最低8GBは必要)します。カスタムモデルもありません。64bitに4GBしか積まないなんて32bitに1GBしか積まないのと同じようなもんです。(私の今のマシンも組んだ時は8GBで足りるかなーなんて思ってたんですが、主にブラウザのせいで常に半分以上は使用済み。これに3Dゲームなんて起動するといよいよ容量が切迫してきます(8割超えはザラです)。真剣に16GBにしようか悩んでたり…)あとバッテリー容量は内蔵バッテリーが2200mAh、取り外し可能内蔵バッテリーが4400mAh。内蔵バッテリーが2セルなので恐らく7.4V駆動でしょうから、合計48.84Whということになります。
 一方のVaio Duoですが、内蔵バッテリーが50Wh、RAM8GBです。バッテリー容量は大して変わらないのに、何故かこちらの方がJEITA計測で5時間ほど駆動時間が長い。
 お値段ですが、Let’s Noteが価格コム最安で175,215円(一時12万ちょいで売っていたこともあったみたいですが…)、Vaioがソニーストアのオーナーメイドで186,560円。但しRAM8GBでバックライトキーボードあり、液晶保護フィルム貼り付けあり、VGAアダプタありの構成。何れも削ってRAM4GBにすると172,800円です…ってCPUこっちの方が良いのに新製品のこっちの方が安いんですがそれは…
 というわけで、えらく現実味のない話でした。高すぎィ!
 下を見ると結構薄型ノートPCはあるんですが、
 ASUSはIvy世代居残り。
 DellはNew XPS12に4500U搭載モデルあり。価格154,980円。ほぼ同構成のVaio Duoは182,800円(SSDが256GBなせいで高い)で、確かに3万円ほど安いんですが、その程度か…という気も。ちなみに4200Uのモデルは11万ちょっと。但しRAM4GB。
 LenovoはIdea Pad(安物)では4200U搭載機あり(但しRAM4GB…)、Think PadはX240が4500U搭載。なんだけど今時HD液晶しか選べないくせに、Vaioと同等構成にすると195,930円に。高杉内
 これは第3世代まで視野を広げるか、素直にBay Trail待ちで安めのタブレット買うかでしょうかね。第3世代の場合、HD Graphics 4000がしょぼしょぼなのは既に持っている手前分かっていますし、処理ユニットの数(たった6個)からしてもOpenCL等の使用には堪えないのが目に見えています。となるといっそ激安路線を貫くのがお得なんでしょうか…。
 ちなみにですが、価格コムでRAM8GBで絞り込むと最低6万、更に13インチ級となると最低8万ほど。うなるほど激安では無いですね…というか寧ろVaioがお得に見えてきたような…

おーでおとか

 とりあえず昨日ようやく上位ハンターになったんですが(遅杉内)、今持ってる武器を強化出来るのはもう一つハンターランクが上がってからでしょうか…。とりあえず上位フルフルを狩れるようになり次第ナルガ装備を揃えたいです(←回避距離中毒
 なお回避距離はエビ装備でも付くんですがダサいので却下。
 それはさておき、先日近所のエディオンでパイオニアのコードレスヘッドホンをゲットしてきました。SE-DIR800CIIってやつですが、展示品処分で5000円。前身のデオデオ時代から展示していたと思しきもので状態悪いんだからもっと安くしろよksとか思ってたりするんですが、光デジタル経由でサラウンドを直にデコード出来て、かつ前面にPHONO端子が付いているというのは貴重です。古い製品ならではですか。
 で、使い心地最高やーって言いたかったんですが、何故かフロントのPHONO端子からの音が左Chしか鳴らず。展示品でかなり埃被ってたんで端子含めあちこち掃除したんですがダメ。接点不良ではなさそうだったので勝手に分解して、基板とイヤホンと直に繋いでみたところ、基板の時点で既に信号が死んでいる模様。/(^o^)\ナンテコッタイ
 仕方ないので修理出します。保証利くんですかね…5000円だから買ったのに凄い額要求されたらどうしよう…。
 ちなみに付属のコードレスヘッドホンの方は良い感じです。
 同じパイオニアのヘッドホンでも

画像

 左のほどは重たくなくて、右のみたいに側圧が強く耳が痛くならないので現状私が持ってるのでは最も快適なヘッドホンですね。単三形Ni-MH電池2本でちと重たいのが難点なんですが、電池4本用意しておけば事実上充電待ちはしなくて良くなりますし、実際そんなに充電しなくても実に電池の持ちが良いのであんまり問題になりません。
 修理から返ってきたら、ドルビープロロジックIIのデコードが出来るヘッドホンアンプ兼コードレスヘッドホントランスミッターとなります。コレが実現すれば最高なんですが、パイオニアさんどうか修理よろしく…。
 なお5.1chサラウンド環境ですがこっちも考え中。考えるだけ。今回のように掘り出し物が見つかったら事が進むかも…程度。要はフロントスピーカーとして何を手に入れられるかでその他全ての選択肢が変わるんですよね。

【悲報】 俺氏、再試確実

 元工学部志望の俺に生物系はダメだとあれほど…
 まぁそれはともかく先日言ってたアレが到着しましたので、お披露目。

画像

 !?
 Q. 初日から分解ですか?
 A. あたり前田のクラッカー
 Q. 三千円勿体ないだろ
 A. 科学に犠牲はつきものデース
 まぁ前評判は知っていましたので。噂通り右チャンネルにノイズ乗ってます。AACで伝送してると左チャンネルに音が寄るらしいんですが、ペリ乙は寄ってないのでやはりというかSBC転送のみ対応らしいです。というか、LEDの点滅パターンで接続プロファイルが分かるようになっているので、それを見れば一目瞭然なんですけど。
 余談。接続プロファイルによる点滅パターンですが、取説によると

  • SBC:**–
  • AAC:*–
  • apt-X:***–

らしいです。接続プロファイルの選択は自動らしいですが、優先度はapt-X>AAC>SBCとなっているようです。AAC対応の機器は悲惨ですね。といっても多分iPhoneしか無いんですけど。ソニーapt-X対応はよ。
 で、分解した理由ですが、価格.comに「アルミ箔貼付でノイズ消えた」との話があったので、どうにか内蔵出来ないか検討の意味がありました。結論からすると無理っぽいんですけど…。一応分解の手順上げておきます。販売終了したのに今更って感じですが、何かの役に立つかもしれません。
その1。クリップ両脇の銀色の部品を引っぺがす。爪で引っかかっているだけなので、下のように爪を引っかけて引っ張ればポロッと取れます。両脇とも取っておきます。

画像

その2。クリップ根元を指で持ち、上に引っ張り上げる。ケースは左右三カ所ずつの小さな爪で引っかかっているだけなので、これまた簡単に取れます。クリップのある側にバッテリーがあり、線で本体側と繋がっているので千切らないように注意。

画像

 ピンぼけ失礼…。撮影オートにしてたら夜景モードになってたんや…。

画像

終わり。安物のくせに珍しく分解が楽な品でした。というかクリップ横の飾りがまさかケースのロックとして実際に機能してるとは思いませんでした。ココが折れたら間違いなく接着剤コースですね。
 一応本来の目的のノイズ除去について。価格コムでは本体表側にアルミ箔を貼っていたようですが、やはりその場所が最も効果的にノイズを除去出来るようです。バッテリーと基盤の間に挟んでみたり、バッテリーの外側に貼ってみたりしましたが、多少は軽減されるもののほぼ効果無しと言って良いくらいでした。表側の、一番目立つ部分に導体の板を貼るのがベストみたいですね。
 そうと決まれば、さっさとホムセンで鉄板買ってきて貼り付けです。アルミ箔をテープで貼るよりは見た目がマシでしょう。

画像

 ついでに欲しかったベンチバイスも買ってきました。ホビー用にはこの程度で十分。で、どうやって切るのか。

画像

 持ってて良かったルーター。チュイーンと切れます。一回ルーターの存在を忘れてて金鋸を使ったことが有ったような気がしたけどそんなことはなかったぜ。
 本来ならこのまま一気に切ってしまいたいところなんですが、金鋸と違って粉じんがかなり飛ぶため、無防備でやると目がムスカ状態になってしまいます。明日の朝百均でゴーグルとマスクを買って、ベランダで作業することにしましょう。
 というわけなので、先ずは一報まで。

ぽち

 完全に衝動買い
 モトローラの青歯ヘッドセットを紛失してしまってから、長らくスピーカーホンでの通話が続いたんですが、やはり向こうも聞き取りづらい様子。こっちも聞きづらいし、そのうちには安いヘッドセットを買うつもりでした。
 で、今日試験勉強の現実逃避でaptx対応のレシーバーを物色していたんですが、選択肢が少ないのなんの。自動車用とか汎用品を使うしか無いかなーなんて思ってたら、logitecのLBT-MPAR300はaptx対応らしい。マイク付きで通話可。黒がお値段3kちょい。でも何故か白の方は5k超。なんでやねん。
 と思ったら、メーカーサイトによると黒は販売終了らしい。つまり在庫処分の可能性大。下げ幅1.5kで昨日下がったばっかりらしいので、なくならん内にさっさと確保しておこう…なんて思った次の瞬間にはもう注文確定ボタンをポチっと押していたのでした。実際3kで青歯レシーバーってそんなに馬鹿高いわけじゃないのでそれで納得しておきます。(最安1.5kの緑家のレシーバーは持ってますが、バッテリー保たないので問題外。もちaptx非対応だし。
 ちなみに愛機ペリ乙はaptx非対応らしい。ソニーシネー