エクセルたん

は、残念ながら今は持っていないので、LibreOfficeでの作業。相変わらず重たい。でもリボンUIは肥大化してて美しくないし。ここは三四郎…?

画像

レールのCantRatio(以下Kで表す)のお話。デフォルトでは170ですが、流石に小さすぎる気がしているのは私だけじゃ無いはず。実際i市民氏のレールはK=500、のりうなぎ氏のレールはK=1500と、随分大きな値が設定されています。でも実際のカントと比べるとどうなの?っていうと結構微妙です。

というわけで定量的に調べるべく、半径50m毎にカント角度とカント量、その際の通過速度を調べてみました。通過速度に関してはその辺に転がってた公式に当てはめただけなので自信は無いですが。高性能電車というのは、所謂特急型電車のことです。振り子は恐らく381系のことでしょう。現在の振り子形式はもっと高速で通過できますし、681/683/287系等の超低重心車は381系に近い速度で曲線を通過することが可能1です。

本当は本則や不足カントや均衡カントなど難しい話になります。そこまで考えた版も作りたいんですが…まず理解に時間がかかりそうです。少なくとも「本則+*km/h」という表記は、普通電車の制限からどのくらい超過出来るか、といった意味ではありませんね。全ての電車は本則+αで走行可能です。

実際はMaxCantに設定した値に収束します。在来線では105mmが最大カント量なので、最大カント角は5.65度。グラフもそこで切っています。ソースを読めばどういう式で収束しているのか分かりそうですが、そんな元気ありません。

きのくに線では速度制限標識が381/283系を除き一種類なので、225系等新型車も国鉄時代のものにあわせてるだろうと思います。287系は知りませんが、振り子車輌と同じでは無いでしょう。性能上は大丈夫な筈ですが、軌道破壊と乗り心地を考慮してこうなったとか。それを言っちゃ283系なんて381系に合わせている時点で性能持て余しすぎです。全部283系に変わってたらもっと高速化がされていたんだろうなぁ…orz

現在の所要時間からして、阪和線を130km/h化出来れば恐らく381系よりは早くなるでしょう。早いところやってくださいお願いします。って381系(設計最高120km/h)の全廃までは無理ですかね。複雑な気分です。

あれ、ってことは国鉄型車輌が全滅すれば速度制限を緩和出来るんじゃないですかね?なら末期色の113系2000番台とか117系とかが消滅するのも時間の問題?まぁもはや末期色なんでイマイチ未練も無い感じがしますが…。まさか末期色作戦はこれが狙いっ…(ぉ

話を戻します。K=1500の場合、電車・気動車(不足カント60mm)はR=400で制限70くらいでしょうか。ただ、R=300でC=93mmというのは、例の尼崎R300カーブでの実際のカント2より小さいようです。

私の家の近所にはR400がいくつかありますが、283/381系で制限95、その他電車が制限80のようです。これに倣ってCantRatioを算出すると、K=1700程度になるのですが、この場合R300の場合にカントが丁度在来線限界まで達してしまいます。まぁR300なんてそう多く存在するわけではないとして、R400を最小と考えるならば、K=1700程度にしておけば良さそうですね。仮に極端に小さな半径にしたとしても、MaxCantよりも大きな角度を取ることは無いので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です