南海フェリー新造船

こマ?

「新造船フェリー”〇〇〇”ネーミング募集」について

まあ実のところ2018年度一杯で徳島を離れるので、わざわざ乗りに行かないとお世話になれないわけだけれど…。

予想図はまだ本当に初期段階で、多分設計とか何もしてなくて、こんな風な構成で行きます、的な部分をクライアントに見せるためのものかと思う。参考になりそうなのは船体の塗り分け、客室の階層、大体の窓割り1くらいか。

カタログスペック

総トン数は増しているものの、寸法はほぼ同じ、速力も特に増すことは無し。既存施設をそのまま使うならまあそうなるわな。速力については若干期待するところもあったのだけれど、そもそもちょっと頑張ったところで所要時間では高速バスに勝てず、燃費も劣悪になり、船旅の風情まで失われる2とか、色々悪い点しかないので止めたってところだろう。まあすでに高速船が撤退している時点でお察し。

塗装

どう見ても藍色。つるぎはすだち色だったけれど、今度は内装も含め藍押しで行くらしい。船名募集らしいけど何が良いんだろう…?びざんはオーシャン東九が持って行ったしなあ。

客室

これはもう、客室の2層化は確定だと思う。グリーン席は2階前、椅子席は1階前、後はファミリー席とか雑魚寝3って感じか。2階全域が客室かはちょっと微妙だけれど、現行船の2Fが暴露甲板4であることを考えたらずいぶんな進歩。繁忙期は1F客室だけでは足らず、2Fの暴露甲板まで人があふれるのでこれは客としては素直に嬉しいと思う。

もしかするとエントランスに吹き抜けがあったり?ちょっとしたイベントスペースがあったり?普通に昼行便のある航路なので色々イベントは出来そう。夢が広がりんぐ。

その他

イメージ図を見る限りアンチローリングタンクが見当たらず。フィンスタビライザーに鞍替え?それともビルジだけでいくつもり?

新造船に期待すること

先にも述べたけれど最早スピード競争では勝てないので、もっと別なアプローチが必要。つまり、船旅の楽しさや風情を前面に押し出すような接客設備であってほしい。半分船自体を目玉にするくらいの勢いで良い。勿論その規模の関係上合理化は必須ではあるけれど…。例えば現行船にある展望甲板、あれと同じものは無理にしても、近いものはどうにか作って欲しいと思う。

後はターゲットとする層の喜ぶ設備。例えばフェリーは子連れが多い5ので子供向けの設備とか。

他には輪行向けのサービスとかあれば刺さる人には刺さる。というのも徳島から淡路島へ自転車で渡る手段が無いので、徳島から本州へ渡ろうとすると自動的に南海フェリーしか選択肢が無い。なので現在でも結構輪行軍団を見かけることが多い。いっそのこと輪行袋無しでも車両航走扱いにしないようなサービスがあればいいと思うんですけれど…。

いずれにせよどうせ新しいのを作るんだから良いのを作って欲しいと思う。もう帰省でお世話になることはないけど(悲しい

ところで

阿波野まいステンドグラスは新造船にもあるんですかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です