ブシドーヘビィでのバルファルク攻略メモ

基本的にバルファルクみたいなタイプにはブシドーが精神衛生上よろしいと思うのだけれど、そう一筋縄ではいかないのは流石看板モンスと言ったところ。とりあえず色々やって分かった攻略の糸口をメモメモ。

基本的にブシドー回避がやりやすい

突進も彗星も、判定が一瞬でタイミングが取り易いのでブシドー回避がやりやすい。2回突進のときも、「ブシドー回避 → 一発射撃1 → ブシドー回避」で二度目のブシドー回避が間に合うので問題ない。

ただし龍気の発射は結構範囲が広くて判定が後に残るので、回避始め頃にブシドー判定が出ないと結構被弾する。けど威力は低いからさして気にしなくても大丈夫かと思う。

お手は一段目でブシドー回避しないように

「お手 → 超お手」は勿論二段目の方が痛いのだけれど、一段目をブシドー回避してしまうとパワーランを使っても逃げ切れない。回避動作を挟んでも二段目は間に合うので、ブシドー回避にだけならないようにする。

槍突きはキープセンターで回避

槍突きからの槍突きor槍振り回しは、一段目をブシドー回避してしまうと基本的に二段目に当たってしまう。そして二段目の方が威力が高い(と思う)。一段目をブシドー回避して二段目の槍振り回しを避けられるのは、一段目の回避が槍の先っぽでかつ手前にパワーランした場合のみ。槍先は通常弾のクリティカル距離を外しているのでそもそも場所取りが悪い。よってこのままでは回避困難。

じゃあどうするのかと言えば、一段目を回避動作無しで避ければ良い。槍突き二段目の猶予がシビアではあるが、無理なタイミングではない。つまり二段目槍を確認してからのブシドー回避が可能。二段目振り回しの場合は予備動作があるので更に余裕。

問題は一段目をどうやって回避動作無しで避けるのか。槍突き一段目が右か左かはランダムで、例えば向かって右側に位置取っているときに左手突きをされると絶対に回避行動無しでは避けられない2。じゃあどうするのかというと、バルファルクの正面をキープすれば良い。怒り状態であっても、一段目予備動作からの移動でギリギリ間に合う。そして落ち着いて二段目を回避する。

万が一一段目に被弾してしまったとしても、二段目は無敵時間中に終わるので、結果的にダメージは少なくて済む。

ちなみに槍振り回しはバルファルクに密着すれば安置なのだけれど、もちろんそんな位置取りはヘビィ的にダメ。図らずして安置に居ることは勿論あるけれど…。

回避距離は有った方が良い

基本的にブシドー回避が有効なので、回避用というよりは間合い調整用。ウルクススとかティガレックスとかと同じで突進を回避すると距離が離れてしまうので、クリティカル距離へ迅速に戻るのに便利。

あとは頭上にジャンプからの龍気叩きつけは相手方向への潜り込みが有効3で、回避距離が有った方がとても安全。ブシドー回避も出来ると思うけれど、視界外に消えてとても場所が分かりづらいのでやりたくない。

耐久はショボい

肉質などそこまで意識しなくとも、通常個体のバルファルクはそんなに硬くない。きちんと回避してればDPSも自然と上がるので無理に攻撃を挟まない方が安全。まあ全モンスに言えることだけれど。

ブシドー回避後の射撃はどうしても立撃ちになって、ちょうどバルファルクの腹の下あたりを通過してしまうことが多いけれど、必要経費と割り切るべし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です