色々困ったT303UAの仕様

折角のハイスペック、色々煮詰めが甘い。ASUSってもうちょっとしっかりした会社だと思ってたけどなあ?

冷却ファンの糞仕様

こいつのファンは全開で回るか止まるかしかできない。なにそれ?90年代のノーパソですか?

NBFCで制御用の値を観察していると、一応段階的に回転数を上げるような制御になってるっぽいんだけれど、実のところどのような回転数に設定しても全開で回ってしまうので全く意味をなしていない。結果、ゆるゆる回せば十分に冷えるような状況で全開になってしまい、非常に煩く感じてしまう。

これはもうWindows上でどうこうできる話じゃなくて、BIOSレベルで改善されないとどうしようもない。ひとまずNBFCの制御で、80℃くらいまでファンが回らないような制御をして対処してる。めっちゃ熱くなるけど…。

キーボードカバーとスリープ

てっきり、普通のノーパソと同じくキーボードカバーを開けたらスリープから復帰するものだと思っていたんだけれど、実際には復帰してくれない。製品ページにもキーボードカバーでスリープ入り/復帰できるって書いてあるのにね!

これはおかしいんじゃないかとASUSのサポートに連絡したところ、

「故障かもしれない」

なんて言うから修理センターに送った。けど修理中に電話がかかってきて、

「同機種の他個体でも同じだったからこれは仕様」

的なことを片言の日本語で言われたのであった。製品ページの記述と違うじゃないかと言ってみたら、

「それはこちらの担当ではないので、ウェブサイトの担当に言え」

的なことを言われた。サポートが製品の仕様を把握していないのも酷いが、その後の対応もあまりにお粗末。大企業って往々にしてこうだから困るな。

ちなみに勿論こいつもBIOSレベルで改善されないとどうしようもない。

改善されないBIOS

T100TAなんかは結構頻繁にBIOS更新があった印象だけれど、T303UAはROG Station対応のアップデートがあっただけ。完全に放置プレイ。

一応、ASUSを信じて更新をずっと待っているんだけれど、まーだ時間かかりそうですかねえ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です