知らん間にebiReaderがVer.5になっていた件

自動アプデはされず、インストーラを落としてこないとアップグレードできない。4/12に初版が公開されたみたいなんだけれど、それらしいメールも見当たらず、たぶん殆どの人が気づいてないんじゃないかと思う。

何が変わったのか

ずっとUIにMS UI Gothic(ビットマップフォント…)が使われていて非常に不格好であったのが、ようやくYu Gothic UI1に変更。デザインも昨今のトレンドに合わせてUWP的な雰囲気になり、タッチでも触りやすくなった。

表紙・背表紙表示は高画質になったらしい。というかたぶんWeb版と同じ仕様になったんだと思う。背表紙表示時のスクロールのカクつきは幾分かマシになった2が、まだまだ改善の余地があると思う。WPFのせいだろ、って言われたらまあ完全には否定はできないけれど、それでも頑張ってほしいところ。

とまあメジャーバージョンアップということで色々ビジュアル面での変化が大きいものの、実は機能追加は行われていなかったりする。これからに期待ってこと?

ここ直してください

背表紙表示時のスクロールカクつき

背表紙表示にするとどうしても表示する画像の数が増えるから、パフォーマンス的な問題が出てくるのは分かってる。ちょびっとだけどWPFかじったことあるし。けどWPFのパフォーマンス問題はかなり長い間議論の的だったし、ノウハウも蓄積されていると思うから、もうちょっと改善してほしいというのが正直なところ。

実は画像をフリーズしてませんでした、とか、そんなことは無いと思うけれど…。

全画面表示でタスクバーが隠れない

これはもう、Ver.4から変わって一番困る点。そりゃあ勿論タスクバーが表示されている方が良いって人も居るだろうけれど、基本的には画面は広く使いたいからそこは選択出来るようにしてほしい。

というかこれ仕様?バグ?

Per-monitor DPIに対応

.NETは4.6.1みたいで、Per-monitor DPI関連は放置してるっぽい。UI刷新のついでに.NETも4.6.2にして、対応すればよかったのになあ。

どうせならもっとUWPっぽいデザインに

現状、UIの最上段が「本棚」「読書」「設定」「ショップ」の切り替え、二段目がタブ、という構成。けどこれ非常に縦方向に場所を取る構成で、本を表示するソフトには正直向いていないと思う。

UWPのハンバーガーメニューに「本棚」「読書」「設定」「ショップ」を押し込んで、最上段のUIはタブとかにする方が収まりが良いと思うんだけれど、どうだろう?そこまでするんならもうUWP版作った方が楽かなあ。

やっぱりUWP版作って

ここまで色々言って結局それか、って話なんだけれど、やっぱりWin10ユーザーにはそれがベストなはず。上に挙げた諸々の問題はUWPにすれば大体解決しそうだし。

既にWinXPユーザーは見捨ててる3んだから、Win7ユーザーもそろそろ見捨てて、どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です