vivaldiでxmarksを使う場合の注意事項

vivaldiはchromium系だからchrome拡張がそのまま使えるのだけれど、ブックマークの仕様がちょっと特殊なので、そのまとめ的なもの。

通常ブックマークとブックマークツールバー

xmarksのブックマークは、通常のブックマークと、ブックマークツールバーのブックマークの二種類に分かれる。用途は名前の通りで、通常ブックマークの方を使いたいのが普通なのだけれど、何故だかvivaldiのサイドバーのブックマークはブックマークツールバーの内容が表示される。で、通常ブックマークの方は完全無視されるらしい。なんでやねん。

この仕様のせいで他ブラウザとのブックマーク共有は非常に辛い。が、vivaldi同士で共有する場合は特に問題にならないと思う。

スピードダイアルの扱い

vivaldiのスピードダイアルは、ブックマークのフォルダからそれに用いるものを指定する、といった感じに使う。が、xmarks側で同期をするとそれに指定したフォルダは無いものとして扱われるらしく、同名の「スピードダイアル指定でない」フォルダが新規作成される。スピードダイアルの中身を更新するためには、元のスピードダイアルフォルダを削除した上で、新しく作られたフォルダをスピードダイアルに登録する、という作業が必要。

見た目的には同名フォルダが2つあるのが美しくないので、スピードダイアル系のフォルダをまとめるようなフォルダを作っておけばよいと思う。

どうにも最近、ちゃんと同期されてるっぽい?先の問題を避けるため「Speed Dials」というフォルダ中にスピードダイアルに相当するフォルダを突っ込んでいるんだけれど、複数端末間で特に問題なく同期できている。なんでかはしらん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です