エクスプローラは音楽・動画のオーガナイザになれるのか

折角flacやらmp4やらのメタデータに対応したんだから、こいつらを活用すればエクスプローラでもそれなりのことが出来るんじゃないのかとか思うわけで。まあネタバレすると無理だったわけだけれど。

なにがいかんのか

ディレクトリ構造に縛られる

iTunes的な、データベースからクエリでリストを動的に作り出すような動作が出来ない。どうしても元々のディレクトリの構造に縛られる。これでは折角のメタデータも活用できない。

表示はあくまでファイル名が主役

メタデータがあるのだから、サムネとタイトルでタイル表示出来たりすると見やすいわけなのだけれど、それは無理。絶対に、何があろうと表示の主役はファイル名固定。

レイアウトのカスタマイズが貧弱

例えばファイル名が主役であっても、次にタイトルが来るような配置に出来れば別に実用上問題無いわけだけれど、エクスプローラは表示形式がIcon, List, Tiles, Contents, Detailsのいずれかに固定で、カスタマイズが出来るのは「詳細」のみ。タイルやコンテンツなんかは隙間ありまくりでいくらでもカスタマイズ出来そうなのに、機能として提供されてない。折角リボンなんていう非常にリッチなUIを持っているくせに、XPから全く機能が進歩してないから持て余しまくっている。

アドオンの開発が無理

昔ながらの「ツールバー」のアドオンなら半ば無理やり1に動かせるけれど、新エクスプローラのリボンはアドオンに活用出来ない。誰もやろうとしていないわけじゃなくて、MSがそういう機能を提供してないから技術的に無理ということらしい。セキュリティとか色々あるのだろうけれど、正直滅茶苦茶勿体ない。

残当

まあ考えてみれば当たり前で、ファイルエクスプローラでファイル名が隠されてたらおかしいじゃん?拡張子を隠すのすら抵抗あるくせになあ。ましてやディレクトリの構造無視なんてそれはもはやファイルエクスプローラではない。

そういう意味ではエクスプローラのライブラリ機能はファイルエクスプローラの本来の役割から考えると非常に相性が悪いんよね。ディレクトリ依存のはずのところに非依存なものが混じるわけだから、「規定の保存場所」やらそういう余計な設定が必要になる。

結局のところメタデータを有効に扱うには、それ用のソフトを使ってそれ用の整形を行って使うしかないってことね。エクスプローラのメタデータ対応はデータの確認やちょっとした編集程度にしか使えないってこった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です