次期ATOM機模索

BayTrail登場のタイミングで買ったので、CherryTrail登場のタイミングで買うのは悪くない

候補は

  • ASUS T100HA
  • HP Pavilion x2
  • Acer Aspire Switch 10V

の三つ。Pavilion x2に関してはBayTrailで発表されているのだけれど、CherryTrailに換装したのを出すとかいう噂があるらしい?

共通する点としては、クラムシェル型として使えて、10.1型で、CherryTrail搭載であることくらい。まあ、密約があるのかないのか、その他の部分も大部分共通するのだけれど。

異なる点のうち注目すべきところは、T100HAだけメモリ4GBが明言されていること。T100HAだけ内部ストレージ64GB、128GBモデルの存在が明言されていること。Switch10Vだけ画面解像度がWUXGAであること。Switch10VだけUSB-TypeCが搭載されていないこと。いずれもcomputex2015の記事から拾ってきたものだけれど、ASUSだけ公式ページに製品情報がもう載ってる。

このクラスのベースラインはメモリ2GBでストレージ32GBで画面解像度1280×800なんだけれど、まあT100TAを使い倒してみてストレージ32GBが拷問レベルで厳しいってのはよくわかったので、最低64GBを希望。そういう意味でT100HAが一番有力候補。メモリ4GBモデルの存在も大きい。

Pavilionx2はデザイン好き。本体側にフルサイズのUSBが付いてるのもポイント高い。ただ現状CherryTrail搭載モデルが出るかも噂レベルだし、もしメモリ2GB、ストレージ32GBのしか出なかったら問題外。

Switch10Vはなんと言っても解像度WUXGA(1920×1200)が魅力。FHDとか書いてる記事もあるけど10.1型でそれは無いと思う。USB-TypeCが付いてないのはまあ別にどうでも良いとして、現状メモリ2GB、ストレージ32GBモデルしか用意されていないっぽい。というか、搭載CPUがz8300らしいので、その時点でメモリは2GB上限。z8500を積まない限り望みはない。解像度高いのにスペック低いって、それはいかんでしょ。

こう見ると、HPとAcerはT100HAのz8500搭載を予想してなかったってことなんですかね。まあ確かにT100TAの時はz3770を積まずにz3740を積んできたし、気持ちはわからんでもないですが。

けど、z3770・z3740の違いと、z8500・z8300の違いとの間にはえらい差があるんですよね。z3740は単なるz3770のダウンクロック版だけれど、z8300はメモリがDDR3L-RSになって、容量も2GBで頭打ち。64bitOSの搭載はほぼほぼ無理です。

たぶんASUSはどうしても64bit搭載機を用意したかったから、z8300はパスしたんだろうとか思ったり。逆に言えばz8300と積む限り64bitOSを入れる気は無いと見て取れます。64bitOSを切り捨てるならメモリの安いDDR3L-RSの方が製品価格下げられるしね。

まあ、これらのうち公式サイトでスペックが明記されているのはT100HAだけなので、今からでもHPとAcerが心変わりしてくれることを祈るしかない。無理かなあ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です