グラビモス…?知らんな

バイトブラスターがすっかりお気に入り。

属性弾とかは使えないし、状態異常も麻痺しか使えないけど、それ以外が超高性能。すごく正統派なヘビィボウガン的戦い方が出来るのよね。あと音も良い。ダダンッダダンッって感じで。なんでこんなにネルバスターと待遇が違うんですかね…?

試し撃ちにゴアマガラ狩りにいきましたが、随分と弾が余ってしまいました。これはしばらく使えそう。あと☆5のキークエはティガレックスだけですが、この感じでバイトブラスターで行ければいいなぁ。でもティガレックスとヘビィの相性悪いしなぁ…。

あと神ヶ島もいい加減出てきてほしいんですが、いつになったら見つかるんですかね?護石も全体的にクソなのが目立つので、例えば回避距離が付くとか実用的なのが早くほしい。

さて、前の土曜日一日潰して改修したRainmeterスキン披露。

画像

さすがに正方形のまま項目を増やすのは無理があったので、48*24の長方形に。全幅は変わらず50pxなんですが左2px余しで右を詰めることにしたので表示領域が拡大しています。ネットワークトラフィックは下りのヒストグラムが下を向くように変更。右下はバッテリーの充電レートで、上向きが充電、下向きが放電となっています。当初は仮想メモリの量も入れる予定だったんですが、仮想メモリの仕組み自体がよく分からなかったので没。結果的には入れられる場所がなかったので作らなくて良かった。

ぶっちゃけファンレス運用のCPUの温度なんてどうでも良いんですけど、表示できるならしたいってのが人情です。一応ストレージにも温度表示できる場所が空いてますが、eMMCとSDがストレージなのでT100TAでは出番無し。W150ERQに移植したときにでも表示できるようにしようかとか思ってます。二度目の作成でソースも非常にきれいにまとめてあるので改造も簡単なのです。また一作目はパーツ毎に分割していましたが今度は一つのスキンにまとめてあります。

Rainmeter以外では、レジストリ弄ってウインドウの枠を狭くしたり、スクロールバーの幅を狭くしたりしてます。あと起動時の音も変えました。この辺の変更は後でまたまとめて記事にしておきます。再セットアップするときとか便利ですからね。

再セットアップといえば、サブノート(今やT100TAがサブなのでW150ERQはスーパーサブですかね)が再セットアップをしたばかりで全く環境が整えられていません。来週始めに実家へ帰るのでそれまでに色々データ移行とかしておかないといけません。面倒だなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です