new3DSのLRボタンが効きにくい場合の対処

修理なら確実だけれど、自分で直せた方が良い場合もあるので…。

適用できるかもしれない場合について

今回の方法はLRを実装し直すだけなので、例えばLRが全く効かないとか、物理的にもはやボタンが戻ってこないとか、そういうのはもうユニットの寿命なのでNG。素直に任天堂に頼むか、尼あたりで互換部品を手に入れる。

ちょっと強めに押し込まないと反応しないとか、要するに実装位置の微妙なズレやゴミの混入なんかで起こる、クリック感と入力との解離は結構これだけで直る。逆に、本体を角から落としたりすると結構簡単にこういう症状になったりするので注意。あとたぶん保証効かなくなるので期間内の場合は注意。(バレないとは思うけど…。)

手順

  1. 背面パネル外す
  2. 電池とSDスロットを外す
  3. 本体ネジを外す(ゴム脚下にも実装してあるので注意)
  4. 本体上側と繋がっている3カ所1のコネクタを外す
  5. LRユニットを付け直す
  6. 組み立てて終わり

LRユニットを付け直す際は、より強く押しつけられるようにボタン側に向かって基盤に力を掛けながらやるとよし。簡単だね☆

注意点としては、LRユニット下に隠れている、背面パネル固定用のナットを無くさないこと。存在に気づきにくいのでこれを実装しないまま組み立ててしまうと背面パネルのネジが効かなくて固定できなくなる。

とまあこんな感じで簡単なので、ボタンが効きにくくなったらやってみても良いかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です