メタセコ使いがなんとかしてBlenderの世界に頭を突っ込む話

単純明快なUIのメタセコに慣れ親しんでしまった人1がBlenderの謎UIと謎操作についていけない状況をなんとかしたい。

基本方針

これはとにかく、出来るだけBlenderの方針に従うこと。ソフトが違えば出来る操作も違うし、それに伴ってUIやキー操作が変わるのも当然のこと。Blenderはその独特すぎる操作のせいか、最初から3dsmax風とかmaya風の操作が用意されているけれど、Blenderの全機能を使おうとするとやはりBlender独自操作の方が都合がよいはず。

幸い、メタセコは単純なモデラーだから、複雑で独特な操作が少なくて、どうしてもBlenderの操作とウマが合わないってことはないと思う。けどこの操作性の良さってのはメタセコの良さでもあるから、うまくその辺を融合させていきたい。

ちなみにUIからキー操作から何から何までメタセコっぽくするならそういうテーマを配布されている方がいらっしゃる。当記事ではそういう方針はとらない。あくまでBlenderに染まっていくスタイル。

UIの理解

とにかくこれはBlenderのUI設計思想の影響で非常に難解なことになっているので、メタセコ漬けだった人はまずここで拒否反応を起こす。けどある程度理解しないとカスタマイズすらできないので、とりあえず以下の三つは理解しておく。

UIは重ならないように設計されている

これはBlenderの基本的設計思想の一つで、メタセコやフォトショやなんかのツールバーみたいな、フローティングスタイルの窓は徹底的に排除されている。個人的には、フローティングスタイルの窓ってのは狭い画面をなんとか広く使うための一つの知恵だ、と思うのだけれど、この辺は設計者の思想の問題だから素直に従おう。最近はメタセコもUIが肥大化してBlenderと作業領域が大差なくなってきてるしへーきへーき。

UI要素(エディタータイプ)はすべて同じレベルにある

どういう意味かというと、Windowsでいうメニューバーに当たる部分から、3Dモデルを表示する部分から、オブジェクトのツリー構造を表示する部分から、果てはユーザー設定の画面まで、すべて同一のレベルで表示されるということ。だから3Dモデルを表示する画面にユーザー設定を持ってくることもできるし、逆も然り。

それぞれの領域にヘッダーのようなバーがあって、その一番左になんかアイコンがあると思うから、それをポチポチ押してやると画面が切り替えられるので、ああそういうことかってわかると思う。メニューバーみたいにみえるのは実は情報ビューのヘッダー部分だったのだ。

a

エディタータイプのヘッダーは上下に移動できる

これが非常にきもい点で、デフォでは3Dビューのヘッダーだけ2なぜか下側。まあ要するに下側にメニューバーがあるようなもので、Windowsユーザーからすれば上下逆でUIを触らされているような気分になり、気持ち悪い。これを上側に動かすだけで、Windowsユーザーには見慣れた、上から下へ降りてくるメニューが使えるようになる。ほかのパネルはすべてヘッダーが上側だし、3Dビューアのヘッダーが上にあることによる弊害は特にないのでとっとと上に移動させてしまおう。

ちなみに移動のさせ方は、エディタータイプを変えるアイコンを右クリックして、コンテクストメニューからヘッダーの位置を変更、これだけ。こんなことで小一時間詰まった人なんているわけがない。

操作をカスタマイズ

視点操作

モデリング中の操作、特に視点操作は非常に重要。回して動かして、頂点弄ってまた回して動かして…の繰り返し。回して動かして、つまり回転と平行移動がスムーズに出来ないと都合が悪い。メタセコは右ボタンで回転、中ボタンで平行移動となっており、マウスだけで完結していて非常に操作しやすい。

ところがBlenderのデフォ操作では、中ボタンで回転、Shift+中ボタンで平行移動となっている。なんだそれは…。

中ボタンで回転は百歩譲って許すとして、平行移動にShift要求は流石に許せない。これはなんとかして改善せざるを得ない。具体的には右クリックで代用したい。

で、右クリックはどういう操作になっているかというと、選択操作。左クリックが3Dカーソルの位置設定。もはやWindowsユーザーからするとなぜこんな根性の曲がった設定にしたのか、作者を問い詰めたくなるレベル。左クリックが選択、右クリックがコンテクストメニューというキー設定はもはやWindowsのソフトでは常識中の常識だもの。加えて3Dビュー以外の場所ではきちんと左クリックが選択、右クリックがコンテクストメニューとなっているので余計に意味不明である。どうしてこうなった。

左右逆にするのはいいとして、これでも右クリックは3Dカーソルの位置設定。そもそも3Dカーソルなんてマウス一発できれいに位置決め出来るものでもないし、頻繁に場所を変える必要もないだろうと思うから、こちらをShift+右クリックに変更。空いた右クリックを回転に、中ボタンを平行移動にすれば、メタセコと同等の操作性が確保できるわけだ。

横・上・前視点

メタセコではそれぞれF1からF3に割り当てられていた機能。無料版では画面分割ができなかったから、必然的にこれらを頻繁に切り替えて頂点の位置決めをしていくことになる。その重要性は画面が四分割になっても一緒。

なんだけれどあろうことかこのキー設定がテンキーとなっている。いや、3Dグラフィックを扱う都合上、右手はマウスで忙しい。左手は小指がCtrlキーでスタンバっている。テンキーなんてどうやって触るのさ?

で、肝心のF1からF3は、Blenderファイルの保存とか開くとかそんなの。いらんいらんそんな機能。というわけでこいつらをメタセコ通りに変更。ついでにF4に透視/平行投影の変更機能を割り当てて完成。

ようやくスタートライン

ここまででなんとか、ちょっとは操作しやすい環境になったかと思う。UIだけだけど。

あとはBlenderの流儀に倣って色々やりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です