R.A.T.7で横スクロールできるようにしよう

快適エクセル生活を送りたい人のために

さて、横スクロールの標準的な動作といえばチルトホイールによる動作。ただあれクッソ遅くて昔から嫌いなのです。んで快適な横スクロールができるマウスあれば良いなーなんて思って、昔から目をつけていたR.A.T.7マウス、ようやく手にしたんだけれどあろうことかセッティングソフトがチルトホイールの割り当てに対応していません。

巷のレビュー見ても、エクセルでの横スクロールが快適だとか、そういうのを目にするんだけれど、実は設定ソフトで横ホイールに矢印キー設定してるだけだったり。お前それで良いのかと。私は嫌なのです。横にスクロールしたいのであって横キーを押したいわけではないのです。

前にhttp://03688493.at.webry.info/201311/article_1.htmlでもShift+ホイールにしてる話はしたんですけれど、エクセルが対応していなかったというクソのような状況に陥ったので対応版&より詳しい版記事ということで。

手順:

  1. Shift+ホイールの動作になるようにマクロ(Advanced Command)を組む(Ctrl+ホイールも別に用意しておくと便利かも)
  2. SoftTiltでShift+ホイールでチルト動作になるようにする。
  3. おわり

マクロの押下時間の設定はRecord時の手の動き依存だけれど、後から設定ファイルをテキストエディタで開いて変更することもできるから、左右とも綺麗に時間がそろっていないと気が済まない系の人(私です)はご参考までに。まあ無いとは思うけれどあんまりマクロの時間が長いと別のキーを触るときにShiftキーの判定がかぶるかもしれないから、できるだけ動作時間は詰めた方が良いかも。

画像

↑マクロの一例。このくらい時間詰めてると流石にShiftキーの判定かぶりは起こらない。入力の入れ違いもAdvancedCommandなら起こらなくて安心。Shiftキーを離す時間は先に言ったように設定ファイル直編集でなんとかなります。(ちなみに最初の名残で名前が右スクロールになっているけれど実際は左に割り当ててSoftTiltで逆転させてある。理由は後述。

連続で入力した場合の動作だけれど、ちゃんとスクロール入力が終了するまでShiftキーが離れることは無いので大丈夫。Shiftキー離すまでに新たにShiftキーを押下することになった場合は押下したまま次のマクロに進んでくれるっぽい。この辺は安心設計。

画像

↑1ラッチ分右スクロール動作させてから、グルっと右スクロール動作をさせた図。完全に入力が終わるまでShiftキーは押したまま。後に述べる理由で右が上ホイールになってる。

最初からShift+ホイールで横スクロールになるソフトもあるんだけれど、モノによってはCtrl+ホイールだったりで結構実装にばらつきがあったり、そもそも肝心のエクセルが対応してなかったりするので、入力を別ソフトでチルトに変更するのが一番スマートかと思ったわけですな。Shift+ホイールを採用したのは、どっちかというとそっちが主流なのと、Ctrl+ホイールがFirefoxで拡大縮小に割り当てられているから。R.A.T.7側のプロファイル変更ボタンをポチっと押してCtrl+ホイールに即時変更できるようにしておけば拡大縮小もお手の物。プロファイル一個余っちゃうけど、まあしゃーないね。

あとなぜか知らんのだけれど、ウチの環境ではエクスプローラだけ横スクロール動作が反転してしまうので、左を下、右を上に割り当てておいて、SoftTiltで左右逆転させて使ってます。逆に割り当てたのをSoftTiltで逆転して元の向き、ってことなんだけれど、正直ややこしい。なんでエクスプローラだけ逆転するんだろ?他のチルトホイール対応マウスだとこんなことないのに。

あ、ちなみに設定ソフトでマウスのボタンをRecordするとき、別のチルトホイール対応マウスを使ってチルト動作をRecordできるんじゃ無いかと思って試してみたけれど、無理でした。非常に遺憾であります。

ちょっと設定に手間を取らせるけれど、実際使ってみたらスイスイした横スクロールが最強。上下スクロールと全く同じ感覚で左右にスクロールできます。

というか、こんなすばらしいハードウェアなのにソフト面で横スクロールに対応しないのは非常にもったいないと思うんだけれど、MADCATZさんその辺どうなの?旧Saitek製品だからあんまり改善する気無かったり?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です