build10565でwifiが遅い話

T100TA特有の問題かもしれないけれど…

steam_latency

Steamのin-home streamingをしてみたら異常に遅くて、slow networkとの表示あり。10565が降りてくる前はこんなこと無かったはずなんだけれど。

試しに手持ちのPC三台でping送ってみる。一台は母艦で有線、残り二台は無線で、一台はリンク速度300Mbps、T100TAが150Mbps。

で、結果はT100TAが絡む組み合わせのみ、pingが100msを超えるようなことが何度か。ずっと遅いわけじゃ無くて、速いときは1msで返ってくるのだけれど、その直後のpingは144msだったり、80msだったりと、非常に安定しない。どうも、上の画像1にあるみたいに最速と超遅を高速に繰り返してるらしい。

IPだから問題は起こるさ…ということで10240にロールバックすれば良いんだけれど、アホな俺はT100TAのWindows.oldを消してしまった2のでそれも無理。\(^o^)/オワタ

そんなわけで、build10240のインストールディスク作成してクリーンインストールすることに。なんか、Win10からWin10の場合個人ファイルの保持が出来ないらしく、Cドライブは綺麗さっぱり空っぽに。ついでにちょっと前に買った64GBのmicroSDを元の32GBのものに戻した。どうも相性が良くない3らしくて、こいつが原因でエクスプローラが固まったり、OSが起動しなくなったりしてたので。

んで再インスコ直後に20発ほど母艦にping送ったらすべて4ms以内に収まってた。やっぱり、build10565の問題らしい?slow ringなんでその間のbuildで同一の問題が出るのか分からんのだけれど、T100TA持ってる人は気をつけた方がええのかも。

本当はT100HA買ってT100TAをIP機にしてやろうと思ってたんだけれど、最初に出てきたのは残念スペックだったし、メモリ倍増モデルは高いしで、当分はT100TAたんに頑張ってもらわないといけなくなった。しかもこれオフィス入れてバリバリ学校で使ってるからあんまり不具合起こされると困るんだよなあとか、そんなことを思いながらIP入れちゃう誘惑に負けた俺なのだった。バーカバーカ

ともあれ、これでsteamのストリーミングも快適。問題があるとすればバックライトの0%ステップが使えないことと、Cortanaさんに会えないことくらいか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です