clevo仕事しろ

音が鳴らないという受け入れ難い現実

マウスコンピュータのLuvbook KシリーズことClevoのW150ERQ、どうやらWin10にすると内蔵スピーカーから音が鳴らなくなる模様/(^o^)\

一応VT1802PのWin10対応ドライバはVIAから出ているのだけれど、それを入れても鳴らず。ミキサーまでは音が来てるんだけれど、問題はもっと低レベルな階層にありそうな雰囲気。お手上げ。

なんか、VIAのオンボのサウンド関連はWin10に上げたときちょこちょこ問題が出てたらしく、「深度を16bitにすれば鳴る」とか「デバイス消してから入れ直せば鳴る」とか色々情報が。勿論色々試したけれどどれもダメ。かくなる上はClevoかマウスコンピュータから対応ドライバが供給されるのを待つしか無い。Clevo仕事しろ。

ちなみにそれ以外はおおむね問題なく動いてたっぽい。Optimusもちゃんと働いてたし。ただNvOptimusTestViewerとNvGPUStateViewerは正しいステートを表示出来なくなってた。具体的には、ONのはずなのにIDLEとしか表示されず、GPUを呼んでいる元のリストも表示されない。ただOFFの状態だけは認識してるっぽい。まあ、ちゃんと動いてる限りは使わないツールだから構わないんだけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です