非ページプール云々言ってくれない…

Win10にしてからのこと、一度もSrvサービスがエラー吐いてない…

ま、吐かない方が良いんですけれど、前に発見した、「非ページプール云々…」エラーを絶対に吐かせる方法(=巨大なファイルをクライアント側からサーバー側に書き込む)を使っても吐いてくれなかった。どういうこった。

何度か、クライアント側からサーバー側に巨大なファイルの書き込みを行ったけれど、つつがなく終了。いや寧ろこの方が正しい動作なんだろうけれど、なんか釈然としない。Win10になってからなんか手が入ってるんだろうか。

もしやと思ってWin7のサブノートに4GB程度のファイルを母艦から書き込んだところ、特に問題なく終了。あれれー?

つまり、でかいファイルを書き込まれたときにSrvサービスがエラーを吐くのはWin7を入れていた母艦だけだったということに…。今となってはもう確かめる術も無いが、どうやらWin7機に一般的な症状ではなかったらしい。なんてこった。パンナコッタ。

まあ、エラーを吐かない以上余計な手間を掛ける必要が無いってことだから楽で良いんですけれど。

ところで、母艦を突然Win10にしてしまったものだから、HW的な相性とか色々問題が出ることを覚悟していたんだけれど、思ったよりというか、ぶっちゃけWin7より快適で居心地が良い。今のところ何の問題も無い。これはもうWin10に居着いても良いかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です