非ページプール云々の話続き

なんか、例のエラーを吐かせる方法を見つけたのでメモ

方法は簡単。クライアント側から、鯖側の共有フォルダに糞でかい(今回は1.5GBくらい)ファイルをコピーする。するとコピー途中で例のエラーを吐く。

何の得があるのかというと、前にメモった「srvサービスを自動で再起動」の動作確認に使える。DOS窓が出るので一目瞭然。ちなみに俺のはバッチリ動いていた。やったぜ。

ところで、これだと1.5GB程度のファイルのやりとりは出来ないのかって話になるんだけれど、そんなことはなくて、クライアント側から鯖側にコピーするのが駄目なだけで、鯖側からクライアント側に引っ張ってくる分には問題なし。

もしかすると、例のレジストリでネットワーク優先モードに設定すればもうちょっと上限が上がったりするのかもしれんけど、母艦的役割とはいえ純然たる鯖ではないのでそれはやりたくない。

Windowsのsrvサービスが具体的にどう動いてるのか知らんのだけれど、やっぱりServeする方がメインなんだろうなあ。逆向きは案外目には見えない面倒な作業をしているのかもしれん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です