win10で日本語入力が出来なくなる件

突然日本語入力に切り替えられなくなるという怪現象。

結論から言うとMicrosoftAccountの設定同期のせい。母艦でATOKをインスコし、それに伴いMSIMEの設定を消したところ、それがATOM機側にも同期されてしまったらしい。ATOM機側にはATOKをインスコしていなかったので、使える日本語入力手段が無くなってしまい、入力できなくなったというオチ。

あのMSアカウントの設定同期、便利なのかもしれないけれど、端末ごとの差を吸収できていないような気がする。例えば今の俺みたいにATOKを例に挙げると、ATOKは3台までにしかインスコできないわけで、それ以上のマシンを使うとなると嫌でもMSIMEを使わなければならなくなる。でも設定を共有する以上、MS側が勝手に全マシンにATOKがインスコされているという前提を作ってしまうわけだ。これは困るよなあ。

そんなわけでアカウントの同期設定はブラウザの設定とテーマだけに留めておくことに。テーマもどうでも良いような気がするけど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です