メインカレンダーをoutlook.comに

しようと思って色々画策しているんだけれど、なんかややこしくなってきたのでここらへんで情報整理。

  • Windowsアカウント一つにつき、一つのOutlook.comのカレンダーがあてがわれる。
  • ログイン時のエイリアスがいくつあっても、Windowsアカウントが同じならばカレンダーも同じ。ログイン時のIDが変わるだけ。
  • OutlookとOutlook.comは別物

1ID = 1アカウントとならんのがややこしいよね。たぶん内部的には別なIDがあるんだろうね。別にそのID自体が利用者に知らされなくとも、ログイン用のエイリアスとIDが紐付けられていればそれでよしと。

あとややこしいけれどOutlookとOutlook.comは別物で、前者はアプリケーションそのもの、後者はWebサービス。たとえばOutlookからOutlook.comのカレンダーを同期して表示とかが出来るし、AndroidからOutlook.comのカレンダーを同期して表示も出来る。見た目だけならOutlookもAndroidも同じ立場。(なのに困った仕様がありそれは以下で記述)

  • Androidの同期項目にある、「Exchange Activesync」はメール・カレンダー・連絡先を同期するための接続方法みたいなもの。
  • OutlookからOutlook.comに接続する時にはまた別の同期方法が採られてるらしい?1
  • Exchangeではカレンダーはデフォルトでアカウント名表示になるカレンダーだけしか同期されない仕様。(複数カレンダーを作っても無駄)

これがなかなかややこしくて、AndroidからカレンダーにアクセスしようとするとExchange Activesync(というアカウント形態)を利用してOutlook.comとの同期が出来る。出来るんだけれど、同期できるカレンダーがアカウント名の付いたデフォのカレンダーのみという制約付き。Outlook.com側でメインカレンダーを変更しても無意味。

つまりどういうことかというと、たとえばOutlook.comで大学の授業だけを載せたカレンダーを作ったとして、それをAndroidで表示しようとしてもExchange Activesyncでは同期されない。こいつは困った。何か設定があるのかと思ったら仕様らしくて、二年も前のMSのサポートに質問があった。MSは二年間何してたのか…(泥対応なんて後回しなのはわかるけど

どうしても表示したい場合は、表示だけならOutlook.com側のカレンダーの設定でiCal形式のURLが得られるのでそれで代用。Webcalsプロトコルになってるけど、httpsに変えればGoogleカレンダーでも大丈夫。

どうしてもクライアント側からExchange Activesyncを介してカレンダーを操作したい場合は、現状デフォルトのカレンダーしか使えない。なので単一カレンダーで我慢する、が唯一の選択肢。

Androidの場合、カレンダー表示ウィジェットとかでもそのアカウント(=GoogleとかExchange Activesync経由のOutlook.comとか、docomoとか)のデフォルトのカレンダーしか表示できない場合があるので、そういうのをどうしても使いたい場合はやっぱりアカウントのデフォカレンダー単一で我慢するしか無い。仕方ないね。

ちなみに、Android版のOutlookアプリ(プレビュー版だけど…)はデフォのカレンダー以外も同期出来るっぽい。けどアプリとして同期出来ても端末として同期出来ないと別のアプリから参照できないから旨味薄いのよね。そんなわけでとりあえず単一カレンダーで運用することに決めました。

↑Outlook.comのシステムがOffice365相当のものに更新されたとともに改善された。まだ問題は残ってるけど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です