四国途中下車の旅 ぶらり四国路

なんか前にあじな散歩道をDisっただけで終わったので、遅ればせながらフォローを。

先日、四国途中下車の旅 ぶらり四国路の切符を利用して一泊二日の一人旅行に行ってきました。徳島発で、かずら橋→大歩危遊覧船→今治で宿泊→今治城→松山城→坊ちゃん列車→道後温泉と一気に回るというなかなかハードなスケジュール。

2015-07-21 17.16.28ずらりと並んだ指定席特急券。この切符、ネ申です。いやほんと。前の制限だらけの切符と違って、JR四国線は全線乗り降り自由、かつ好きな特急の指定席を好きなだけ、何時でも取ってもらえるという超太っ腹切符なのである。まあ、JR四国の場合そういう切符が存在してかつ指定席の設定数が非常に少ないことから逆に指定席の方が混んでるってことも多いんだけれど、それにしても絶対座れる時点で気分が良いよね。

さてこの特急券軍団を見て気づく人は気づくでしょう、JR四国の特急型の形式は完全網羅しているわけです。これで目的の一つは達成も同然。加えて乗り換え駅で改札から出たりも自由だから本当に暇することがない。調子乗って写真や動画撮り過ぎて夕方には電池切れました。ちゃんとしたカメラ持っておけばよかったと本気で後悔・・・。

宿泊は今治アーバンだったんだけれど、それ込みで切符代は¥13kちょい。安いとしか言いようがない。

そんなわけでこの切符は超オススメです。オススメなんですが行程は綿密に決めないと駄目。ぶらり途中下車、なんて四国で出来るわけないんだよなあ。

ちなみに今回の私のプランでは阿波池田からかずら橋まで、四国交通の路線バスに乗ってるので別途運賃がかかってます。(といっても1290円ですが・・・。)これが出合経由の便で、大歩危小歩危を避けて祖谷渓を通るルートなんですね。非常に狭小で高ーい道を、日野レインボー(オフシーズンは日野ポンチョらしい・・・)で突き進むというスリル満点の路線です。70分ちょいかかるんですが全く飽きさせない路線でした。道が狭いから自動的にゆっくり(25km/hくらい)走ってくれるので、眺めは十分に楽しめると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です