3DSケース

new3DSLL用のケースは色々出てるのに何故だかnew3DSのケースが出ないので、DS世代のものを使わざるを得ないわけで。

なんだけれど、new3DSってサイズが微妙に大きい。本当に「微妙に」なのでラフなケースには収まるのだけれど、タイトなケースだとその大きさが致命傷に。

実例

画像

DSi世代のケースなんだけれど、閉じる機構が磁石なせいで微妙に大きいnew3DSを入れると閉まらない/(^o^)\(ちなみに写真は以下の作業を行った後なのでキチンと閉まってます。)

せっかく買ったのにこのままじゃ悲しいのでキチンと閉まるように改造しよう。という記事。改造と言ってもカッターと両面テープとネオジム磁石を使うだけ。両面テープとネオジム磁石は百均で良いのでお財布にも優しい。(カッターはちゃんとOLFAとかにしましょう…

ちなみに、私はどれも手元にあったので予算0円で出来ました。

画像

その1。切ります。元々付いている磁石の周りに貼り付けの為の台紙が付いているので、それをよけるように大きく。

引っぺがした磁石はポイーでおk。

画像

その2。磁石の位置を蓋の端側に移動させる為、台紙を切り取り。裏まで貫通すると悲惨なことになるので慎重に。

画像

その3。新たなネオジム磁石を両面テープで貼り付け。ちょっとだけ分厚くなるんだけれどそれもケースの大きさ不足を補うには好都合。

磁石は上下逆に実装しないように注意しよう(経験者は語る

画像

その4。両面テープでガワを貼る。分厚くなった分微妙に寸足らずになるけどどうせ切った痕は残るし普段は見えない部分なので気にしない。
最後に蓋の折癖を新しい磁石の位置に合わせて付け直す。蓋の台紙の部分に被るけど台紙毎折ってしまった方が閉まった時綺麗。

完成\(^o^)/

で、一枚目の写真のように気持ちよく閉まってくれる。同じケース持ってるけどnew3DS入らないわーって人は参考までに。(確かLOASかなんかのやつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です