IE9が悪いのかと思いきや…

Crescent Eveのプレビューがおかしかったので、てっきりIE9が悪いのかと思ってたんですが、ちょっと違うようです。

具体的には、marginの解釈とoverflowの挙動。前者はCEのプレビューのみ外側のブロックからのマージンになってしまっていること。他のエンジンでは親ブロックからのマージンになるんですが、何故なんでしょうね。該当する外側のブロックは今の場合htmlになるわけですが、これも言ってみれば親ブロックのような…。ちなみに子ブロックがマージンを取ると、親ブロックの上下のブロックからマージンを取ります。場合によっては背景画像が途切れたりするんで厄介。さっきの挙動とは逆のような気がするんですが何でなんでしょう。

後者はデフォルトでvisibleなのにCEでは見た目がhiddenになってしまっています。本当はブロックの外側に画像をはみ出させるのはややこしいのでやりたくないんですが、エントランスページを作る関係上、ロゴを下の方にずらさなきゃいけなくなって、結果ブロックをまたいだ位置にロゴが来ることに。空divを避ける為でもありますが、こうしてみるとデザインの不自由さが浮き彫りになりますね。というより自由なデザインにしようとするとCSSでごちゃごちゃこねくり回すことになってどんどん分かりづらくなってしまいます。

最初はIE9のせいだと思ってたんですが、実際IE9でプレビューしてみると正常に表示されたので、CEの内部プレビューがIE9のエンジンではないと言うことがはっきりしました。色々調べてるとどうやらIE6仕様…?それが良いとかいう人も居るようですが、IE6を使ってる人はIE5を使ってるのと大して変わらないレベルで遅れています。かれこれ10年近く前のものですから、遅れていて当然。

調べてみるとレジストリ弄ったらCEでもIE9仕様のTridentでプレビュー出来るっぽい。これでIE6なんて忘れられますね!私のサイトはIE9からしかサポートしませんから。(というよりIE8のプレビュー環境が無い。)

なんだかんだ言ってIE6が糞すぎただけで、IE9のTridentはそこそこよくできたエンジンだと思いますよ。素人の考えですが、別にウェブアプリを使うことも無いですし、なんと言ってもTridentベースのアプリケーションにはTridentの色が出ないですし。Webkitは設定画面もWebkitなんで、あんまり好きにはなれないです。お世辞にも軽くはないし。

実際Webkit搭載のよくできたブラウザってのが全然思い浮かばなくて、使うに使えないってのがあります。Sleipnirは超絶不安定だし、Chromeはスタイリッシュ(笑)で使いづらいことこの上ないし。開発者の自己満状態にあると言っても過言ではないですよね。

Gecko搭載というと火狐ですが、余計な機能が付きすぎてねぇ。それだけ懐が広いとも言えるんですが。加えてメモリをなかなか解放しやがらないので、常時起動してると他のタスクの邪魔です。メモリ解放用のアドオンが出るとかなんだよそれ。

我が道を進むOperaですが、こいつもプラグインのラッパーが邪魔。あれ切れないんですかね。今はOperaNEXTを入れてるんですが、グーグルの画像検索でよく落ちてくれます。ブログ編集中に落ちたりすると本当に萎えるので勘弁していただきたい…。

まぁかといってIE9ベースの良いブラウザもそんなに無いんですがね。Sleipnirがもっと安定してて、検索が普通のGoogleだったらなぁと常々思います。タブグループは便利です。

あぁ軽くてブクマが使いやすくてタブグループの使えるブラウザはどこかに無いものか。エンジンは問わない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です