経過報告其の弐

 レールをデフォルトに変えたら私の重量級架線柱でもfps30キープするようになりました。費用対効果を考えるとやはりレールは台形の方が良いのかもしれません。
 昨日の結果では、軽い順に

  • デフォルト
  • s.sasaki氏の東北新幹線架線柱 & 拙作重量級架線柱
  • 突撃隊長氏の鋼管架線柱

 といった感じでした。他は調べてません。おおむね頂点数に依存してるのかと思いきや、s.sasaki氏のと私のとのfpsが変わらなかったのが意外でした。sasaki氏のものの方が頂点数がぐっと少ないのに。(ちなみにs.sasaki氏のもので頂点数160、私ので256です。
 原因は恐らくマテリアルの数とテクスチャの枚数、テクスチャのサイズです。自分ので実験してみましたが、余計なマテリアルを二つ増やしたところ、fpsが1以上低下しました。増やしたマテリアルは既存マテリアルのクローンですので、新たなテクスチャは使用していません。どうやらマテリアルの数はパフォーマンスに大きく影響を与えそうです。
 というわけで、以上の結果を踏まえた架線柱を新規作成してみました。前に作ったのと同じく、右カーブ用と左カーブ用を使い分ける予定。

画像

 少し貧相です。テクスチャにはもう少し改良の余地がありますね。まぁ取りあえず位置取りだけしたってことで。どっちにしろ解像度が低いのでそんなに書き込めないんですけど…。尚、本来L字型の部分を平面にしたところ意外は、全て立体です。あんまり平面を多用すると貧相に見えるので…(BVEの様に視点が決まっているなら良いんですけど…。
 総頂点数は298になりました。八角柱から五角柱にして頂点数削減を目指しましたが、パーツが増えたので結局増えてしまっています。これじゃ逆に重くなるんじゃね?ちなみにデフォの架線柱は244、単線架線柱が二つだと292のようです。結構頂点が多いのに軽いのは、やはりテクスチャが小さくて、少ないからでしょうか。
 さて、ここまでだとただ重たい架線柱を作っただけに見えるんですが、この架線柱の最大の強みはテクスチャを一枚しか使っていないことです。サイズは16*256。前の架線柱の柱に使ってたコンクリのテクスチャより遙かに小さいです。この中に無理矢理碍子等のテクスチャも埋め込んで、それっぽく見えるようにUVマッピングしてあります。結構な手間でした…。
 さて、この努力は実を結ぶのか。結果は以下。
 デフォルト単線架線柱二本 → 26.5fps
 デフォルト複線架線柱 → 27fps
 今回作った架線柱 → 29fps
 きた!デフォ超えきた!これで勝つる!
 もっと軽量化しようと思えば、架線を吊っている部分を平面化すればいいです。が、随分貧相に見えたので取りあえず見送っています。試したのがマッピングする前だったので、マッピング後の今ならそんなに見た目変わらないかなぁ。
 これで使用する架線柱は確定しました。次はレールの検証。この感じでいくと、テクスチャを一枚に統合したレールを作れば軽量になる…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です