以下略

 G級に足をかけたところで躓く。水中でナルガ装備は魅力半減やのう…。
 モンハンは置いておいて、レールの検証です。前回はAkoRapidService氏のエ型のものを使っていたためそれなりに処理落ちしてくれましたが、軽量なレールを考えるなら結局レールを引く本数を増やさないと仕方ないわけで…。

画像

 !?
 11複線です。これが10kmも真っ直ぐ引かれているんだから、線路の総延長は220kmにもなりますね。どう考えてもワールド内にこんなに大量の線路を引くはずがありません。が、ストラクチャ等に余裕を持たせるために、レールには出来るだけ負荷を掛けないで頂きたいわけで。
 というわけなので、図面に合わせて台形の新しいレール作りました。上面はデフォルトの様に分けずに、法線を真上に近い斜めに向けることによって対処しています。(真上にするとサイドのライティングに問題が出る。)これで頂点は減るはずです。またテクスチャは側面→上面→側面と一続きの32*64テクスチャを一枚だけ使用しています。これ以上無いくらいシンプルなレールです。
 で、デフォと差が出てくれれば良かったんですが、残念ながら殆ど差は見られず。寧ろ下がってるような気がしなくもない。なんでやねん。
 ただ、このレールは上と横の継ぎ目が無いので、AAを掛けていない環境でも美しく見えます。

画像
画像

 下が今回作ったレール。試験的に左右の法線の向きを変えてあります。明るい方を採用予定。
 このレールの難点を上げるとすれば、レール上面の色がミップマップのせいで潰れやすいこと…ですね。まぁAAを掛けるとどっちにしろ潰れるんでそんなに問題では無いですけど。
 本当はジョイント部分も再現したいのですが、少し考え中。25m分のテクスチャを用意すると余計重いかなぁ。かといってインターバルを使うと一気に頂点が増えてしまうし…。
 次はバラストを少し考えてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です