ぼーっと眺めて

 de10のファンの回転を観察すべく、ようつべで動画あさり。発車の瞬間のファンの回転を見たいのに見当たりません…orz
 今まで気づかなかったんですが、よくよく見たらあのファン、吸い出しなんですね。てっきり上から吸気してラジエター通して横に吐いているのかと…。確かに熱風をホーム側に吐き出されてはたまったもんじゃないですね。上排気が理にかなっているのかも。
 流石にファン下の凸部分までは作りませんが、ファンは回るようにします。しかし構造上平面ポリでは無理くさいですね。中心の円筒(真ん中凸)と平面ファンとで構成することになるかなぁ。
 ファンの回転はエンジン回転数に応じて滑らかに変化させる方法を思いついたので、前みたいにカクカク変化することはありません。たぶん。なんたってまだ試してない。rpm-tグラフ上は正しく動作するはずですが。
 問題は影です。上面を透過テクスチャで抜くと、中のファンに真っ黒な影が落ちることになります。かといってαテストで抜くなら、網部分だけ別ポリにしないと駄目。
 NoCastShadowも少し問題。限りなく周りに落とす影が少ないのは確かなのだけれど、変な段差とか出来てたら困る。特に夕方が心配。
 たぶんNoCastShadowで行きます。側面ポリのドロップシャドウを受けない程度にファンを薄くしないといけません。
 ちなみにマッピングやり直してます。またかよ!
 先の実験でテクスチャ枚数でかなり負荷が変わることが分かってしまったので、もうちょっと統合していきます。UV割り当てが変わりますが、既にマッピングフィット用のポリがあるため、今度はそれを上下左右にコピーして伸ばせば良いだけです。楽な方法を思いついたもんですね。今度からカーモデの時もこうしよう。
 なんだか色々検証してると多ポリでどこまで軽くできるか試してみたくなったので、解像度も前の半分に落とします。これでボディ部分は殆ど1024*1024のテクスチャ一枚で収まる計算。合計解像度ではなく正真正銘一枚の解像度なのがミソですね。
 これ+サイズは分かりませんがパーツ用テクスチャが必要かと思います。今は別テクスチャですが、ライトのテクスチャもどこかに押し込みます。もしかして計二枚で済む…?そうだと良いんですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です