きせかえを考える

クリアプレートに紙を挟むってのは出た当初から考えられてたけれど、元絵弄るとかしてもうちょっと色目マシにできんのか?とか思って。

結論から言うと無理。

なぜか。ああいうクリア素材のカラーフィルタってのは、フォトショやなんかのブレンドモードで言うところの乗算ってやつで計算できる。式で言うと、

結果 = 元色 x フィルタ色 / 255

となり、これをRGBそれぞれについて行う。

例えば完全緑色のクリアプレートならばRGBで0,255,0の色を乗算することになるんだけれど、RB成分はフィルタの成分が0なので結果は何しようが0。G成分は255/255=1なので元と変わらず。

つまり、緑色のフィルタだと元絵の緑成分だけ取りだした絵になってしまうということ。事前に元絵にあれこれ細工しても、最後にフィルタでRB成分が0になっちまうので意味なし。

まあ考えてみれば、みんな暗記の時に使ってる緑色の下敷きなんかまさにこれよね。赤くマーカーしたところに緑フィルタを重ねると、R成分はフィルタでゼロに、GB成分は元々ゼロだから、真っ黒になる。そりゃ黒背景に黒字だと読めなくなるよねって話。

悲しいがゼロになに掛けてもゼロだし、何にゼロ掛けてもゼロになっちゃう。

そんなわけだから、好きなCGを元カラーで着せ替えたいなら完全クリアのプレートが出るのを待つしか無い、ということに。プレートの上に貼るって手もあるけれどそれじゃ不格好だし、外にサードパーティ製のカバーを付けるのはまたそれで不格好だし、何より持った時の感触が変わるのがヤダ。

ほんと、当初から思ってたんだけれど、なんで完全クリアのプレートがラインナップされてないんですかねえ。

まあそんな愚痴っても仕方が無いので、現状紙挟みでどういう活用が出来るのか考えてみる。

色は、#FF00FFと、#FFFF00と、#00FFFFと、#00FF00の四つっぽい?。真赤と真青だけ無い。

単一カラーによるグレースケールならぬカラスケールみたいな絵になると考えたら、それはそれで何か使えそうだけれど、なんつっても最後にカラーフィルタを通してしまう弊害は、白が表現出来なくなることなのよね。白ってのは#FFFFFFが必要だから、フィルタ側に0が混じってる以上それは無理。だから白背景の画像とかだとずいぶんと印象が変わって見えてしまう。

案外いらんことせずに、#00FFFFとか比較的緩い雰囲気の色を素直にかぶせた方がマシなのかも…。少なくとも#00FF00は色がG成分しかないせいで本当に単色になってしまう。けどそれ以外は二色まで許容してくれるので表現出来る色の幅が広がる。

ちなみに、どんな感じになるかテストする場合は、paint.netかなんかで元絵を開いて、その上にフィルタ色単色で塗りつぶしたレイヤーをブレンドモードを乗算(paint.netでは増殖って名前になってるけど…)にして重ねる。そんで元絵の彩度なり色合いなり弄るとよろし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です