now creating

 ほぼ全て完成していた個人サイトですが、あちらこちら気に入らないので一から作り直すことに。
 理由の一つは、一からでも組めるくらいにCSSの世界が見えてきたということ。それでもリファレンスを見ている時間が大半を占めるのですが、右も左も分からなかった頃から比べると随分な進歩です。CSS便利っすわー。
 さて、今回のは設計思想として、

  1. HTML5に準ずる文法で書く。
  2. VGAサイズの画像がそのまま貼れる広さを有する。
  3. 右側に本文の注釈を入れる場所を確保する。
  4. FFのカラーマネジメントの影響を受けにくいようにする。

というのがあったりします。どうせなので最新な仕様でやっちゃおう。
 エディタはCrescent Eveというのを使い始めまして、これがなかなか良い。文法チェックは速いし、プレビューはリアルタイムだし。出来れば外部CSS編集でもリアルタイムにプレビューできれば嬉しいんだけどなぁ(チラッ
 現在は上メニューまで完成しており(といっても色変更や何かはまだやりますが)、これからフッターやらを作っていきます。

maintain

 まだまだstableな状況じゃないですが、何もしなくてもどうしようもないので少し動きを見せてみます。
 外付けHDDの熱問題は前々から気になっていたのですが、ついに「Fドライブをフォーマットしますか?」などというえげつないことをいとも容易く言ってくるようになったので、PC内に移植することにしました。まぁ回復不可能セクタが大量にあったりと、なかなか健康状態が悪く、お先も長そうでないHDDなのですが…。
 PATAだと思っていたらSATAだったみたい。ケーブルの取り回し的に楽でちょっと嬉しい。

画像
画像

 この様子だと、いつでも外付けHDDケースとして使えそうです。短時間使用なら熱も問題になりませんし。
 取り外しも終わり、あとは組み込むだけ…なんですが、よく考えたらSATAケーブル足りなくね?
 ということで少しの間策を練っていたのですが、よく見たら前面eSATAのケーブルが。しかもフロントIOから簡単に抜くことができた。これをDVDにつかえばいいじゃん。ということで、DVDドライブからSATAケーブルを引っこ抜いたのですが…

画像

 ………………………………(^p^
 青色SATAケーブルのコネクタにはしっかりと黒い部品が入っていました。なんてこったい。
 このケーブルをDVD専用にすることも考えましたが、6Gbps対応の新しいケーブル故、そんな勿体ないことはしたくなかったわけです。ということでコネクタに入り込んだ部品を無理矢理引き抜いて、eSATAに付いていたコネクタに押し込む。んでこいつをDVD専用ケーブルとします。いやしかしピンが折れなかったのは不幸中の幸いといったところですかねぇ。
 ちなみにこのDVDドライブは、この間近くのショッピングセンターでやっていた中古PC売り場で見つけたもの。500円ナリ。あと弟の壊れたDVDドライブの代替品(300円の東芝製DVDドライブ。なんと2002年製。ちなみに壊れたのは2007年製…)と、プラネックスの無線LAN親機(500円ナリ。WANポートのピン折れありだが、APモードで駆動させるため無関係。)も買いました。ゴミのように放ってあるメモリ群からDDR3のノート用メモリも見つけました(100円ナリ。一つしかなかった…)。

画像

 グラボ。凄くきたない。どことなくきたない。そこはかとなくきたない。きたない。
 フィンに目詰まりした埃はファン騒音の原因でもありますから、カバーごと取り外しの上、掃除機で綺麗に吸い取っておきます。
 

画像

 組み込み。上が起動ドライブ。下が元外付けHDD。SATAポートは左上がDVD、右上が起動ドライブ、右下が元HDDへ繋がっています。

画像

 全景。白いのは自作後方排気ダクト(安心と信頼の厚紙製)。ainexのマグネットファンステイで固定してあります(マジ神製品っす。ainexさんぱねぇっす)。
 上に見える銀色のは自作後方排気ダクト(接着面付きアルミ板製。但しダイソーのもの)。埃防止とともに騒音低減効果があります。
 今後ですが、後方排気ファンを付けて、CPUクーラーをサイドフローに変えようかなと。上ファンは静圧低いですし、熱溜まりを作らせない的な役目でいいかなーとか思ったり。