「自転車」カテゴリーアーカイブ

物欲祭り

 MHみたいにセンサーが仕事してくれないので自制するしか無いんですよねー。
 

画像

 チャリはこんな感じでほぼ出来上がり。初日でチェーンが切れたりとか色々有りましたが今は順調です。
 後はサドルバッグのアダプタと、シフトワイヤーのアジャスタと、ワイヤー終端のキャップとを頃合いを見て買う予定…だったんですが、先日の事故でベルが破損して鳴らなくなってしまったので、そちらの代替品も買わないといけません。
 先日の事故について。事故といっても他人は関わって居らず、完全なる自爆。下は一応怪我の様子。苦手な方はクリックされませぬよう。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/46454433/20130627_195618-2.jpg
 30km/h超で歩道の生垣にダイブ。舗装の悪い道でブラケットの先を持って背伸びしてたら右手がハンドルから外れてしまいこの有様です。皆さんはハンドル・ブラケットはしっかり保持しましょう…。ちなみに自転車は換装前のバーテープが破れ、ベルのゴングが吹っ飛んだ程度でほぼ無傷。代わりに上下服と腕時計、携帯電話が犠牲になりました(´;ω;` 写っている銀河ノートは代替機です。破損保険に入っていたお陰で交換費用は5k弱で済み、現在は新のペリ乙を使っています。
 と、自転車の話題はこのくらいにして、本題。また夜のテンションで「5.1chサラウンド構築したいなぁ」とか考えている私。というのも、先日思いついたリアSPKの設置法を試してみたいなーなんて。

画像

 kazusuke画伯による素晴らしい絵付き。椅子がハイバックなので、ヘッドレスト付近にリアSPKを括り付けてしまおうという作戦。ゲーセンのレゲーによくあるアレみたいなイメージ。少なくとも今までやっていた椅子後方足下よりは、意図した聞こえかたになるであろうと思います。どうやって付けるかは未定。そんなもん現物合わせの行き当たりばったりです。
 で、それはやってみれば良いじゃんという話なんですが案外問題はそこではなくフロント側にあったりします。というのも、今までのようにウーファーの出力をフロントSPKに流してしまうと、フロントのステレオ感が殆ど無くなるという問題があるのです。なので本当はアクティブなウーファーだけ…とかが安く有れば良いんですけどそんなもの有りませんし、かといってまたサブウーファー付きのSPKを新しく買ってそれをウーファーとして使うってのも気が引ける。足下にウーファー二つなんて考えたくもありません。かといって最初から5.1chのSPKを買っちゃうとリアSPKの設置場所に困る。困る、というか椅子に括り付けられるような形状のSPKを探す余地が無くなる。困ったなー。
 で、最終的に一番”スマート”な方法だと結論づけたのが、「フロント・センター・リアを新しく買って、今のSPKをウーファーにしちゃう」というもの。今のSPKは2.1chで、正直クラシックなんかにはやや不向きな面があったので、普通のキャビネット型のそれなりに良い音がするであろうスピーカーをフロント用にして、センターとリアは音が鳴ればそれで良いので安物を設置、余った今のSPKをウーファーchに割り当てようという作戦なのです。これならば私の理想とする、「2ch基本で5.1chは所詮サブ」という構成が実現出来るわけです。。まぁフロントに良いのを入れるってだけでかなり金が掛かりますけど、そこさえクリアしてしまえばあとは二束三文でなんとかなりそうですね。
 センター・リア用の最有力候補が、プリンストンとバッファローから出ている、バー型にもセパレート型にもなるスピーカー。細長いし括り付けるにはもってこい。尼で実売1.3kほどで出ているので、これを二つ用意すればあとは配線だけの問題です。…二束三文ってほど安くもないかな。細かいことは良いか。
 フロントは…どうしよう。メインのスピーカーだからEdifierとかにすると負けた気がする。とするとオンキヨーくらいしか無いような気もするけど、コスパ悪いような気もする。あーんどうしよう。
 などとくだらんことを考えている内に夜は更けていく訳です。寝ないと明日大変ダゾ?

あ、ありのまま今起こったことを(ry

画像

 ISISじゃなくてスクエアテーパーだった\(^o^)/
 注文していた工具類が届いたため、試しに左クランクを外してみたんですがこのザマ。ClarisですらオクタリンクだというのにTruvativだらしねぇし。MTBのTruvativクランクがISISだったからこっちも当然ISISだろうと勝手に思い込んでました。まぁどうせホローテックIIに換装するから今のBBとかどうでも良いんだけど。

画像

 届いた荷物。初めてCRCでお買い物。尼とは真反対の簡素すぎる包装。
 イギリスから発送なので届くのは遅いんですが、これだけの買い物で送料は無料だし、何より安くて素晴らしいですね。
 あとはハンドルバーとサイコンがそれぞれ別の店から届く予定。ホローテックIIの取り付け工具が無いのでそれはこれから注文、ドライウェッジバッグのF11フィクサーの形状がサドルに合わない為F25フィクサーを新たに注文します。一体いつになったら作業に移れるんだろう…。(ハンドルバーがまたイギリスの通販なんで届くのは随分先になりそう。結局Ergonova Proですよ。

バードストライク

 朝学校へ行く途中で右肩にバードストライク。多分キジバトです。
 巣作りに夢中で前を見ていなかったのか、繁殖期に彼女居なくてグモだったのかは知りませんが、どっちにしろ低空で道路に飛び込むのは止めて欲しいもんです。ちなみに私は特に怪我をした訳でもなく、右の袖が少し汚れた程度です。鳩ちゃんがどうだったのかは知りません。
 さて本題ですが

画像

 …と言う訳で、105一式揃えました。これにRS21ホイールをセットで6万強。
 あと工具セットとサドルバッグ、バーテープが届く予定。合計8.5k。本当はErgonova Proも別の店で注文していたのですが、欠品とか寝ぼけたことを抜かしやがったので、一緒に買う予定であったサイコン諸共キャンセルにしました。ざまぁ。
 何故サドルバッグとかサイコンまで買ってるのか。サドルバッグはただ単に激安だったからついでに。ウェッジドライバッグSが1.4kとか夢。小さくても良いんでちょっとは耐水性が欲しかったのです。雨曝し保管ですし、天候関係なく乗りますし。コンディションの良い時だけ乗るホビーライダーの方々のマシンとは要求性能が全く違うのです。重くても良いじゃない。通学用だもの。みつを
 サイコンは、動作がいよいよ怪しい&固定ビニタイが千切れてしまったことが理由。平均速度が突如「E」なんて表示になった日にはどうしようかと…。どう見ても30km/h以上出ているのに突如17km/hになってみたり、もうこんなもん使っていられません。ハンドルバー換えると付け直し効かないし、どうせなら一緒に換えちゃおうという作戦。
 こうなるといよいよオリジナルのパーツがサドル・ポスト・ステムだけになってしまう訳ですが、こいつらもその内換えてやろうと思っています。フレーム以外全換装の実現は近い…?まぁサドルのボロけ具合によりけりですけど。もう既にぼろいとか言わない。
 問題はライトの取り付け方法なんですが、今のスペースグリップを使い続けるのかまだ検討中。ケーブルのルーティング次第で選択肢が変わるかもしれないので、そう易々とは決められないのが辛いところ。
 ちなみに、次は右レバーを後ろにしようと思っています。MTBでそっちに慣れてたし、ケーブルの取り回しがその方が綺麗なので。

折りたたみ式チャリ

 前にも少しだけ言及したんですが…。
 また12月から単身で京都へ行くことになります。で、例によってマンスリーマンションに入るわけですが、自転車が無い!
 夏の時は運良くレンタサイクルはタダで、駐輪場も用意してくれていました。しかし今度同じところに入れるのかというとそうとも限らないわけで。ロードを持ち込もうにも、そこまでのスペースが無いというのが実情。何と言っても持って行くのが大変です。輪行袋も持ってないし。
 じゃあレンタサイクル、という話になるのですが、40日近く向こうにいることになるので、軽く15000円ほど必要になります。高いですね。新車買えちゃうんじゃね?
 というわけで、イオンバイクで物色。要件としては、

  • 20インチ
  • フロント50T以上
  • アルミフレームで前後ハードテール
  • 直付けハンドルNG

といったところですが、こうなると最低29800円は必要です。店頭で新車で、の話ですが。
 ネットだとどうなるのかも調べましたが、ろくなのがない。サスペンション付けてみたり、カゴ付けてみたり、キャリア付けてみたり。
 ごく普通の軽量なモデルが何故安く作れないのかは大人の事情があるとして、何故フルサスの折りたたみが妙に安かったりするのかは本当に謎です。重たい折りたたみとか誰が得するんだよ。
 ということで結局レンタサイクルの方が安上がりなんじゃないかという結論に達したのでした。おわり。
 後は店頭で中古車を漁る程度ですかね。期待は出来ません。
 自転車つながりで、だいぶ前に話題にしてたミヤタのルマンですが、クランクを除き全て分解しました。コッタレス抜きが無いのでクランクは現状外せません。まぁ外しても仕方ない、とも言えますが。BBは滑らかに動いてるし。
 ディレイラーは取り外し後、ワイヤーブラシで錆落とし。油を吹き付けまくったらフロントも良く動き始めました。これなら使えそうです。但しシフトレバーは結構怪しい。固定用の蝶ナットが何故かプラスチック製で、ヒビが入っています。換装したいところですが、規格の合う物があるかまだわかりません。最悪ステムに移設。
 ヘッドパーツは分解掃除後、グリスを差し直しましたが、ちょっと微妙な動き。付け替えは面倒なので調整しつつ我慢しましょう。
 ペダルは三ヶ島の定番のもの。流石にムラ無く付いた錆が落ちないので、換装濃厚。現在でも同モデルが生産されているのが救いです。
 ブレーキはチドリが死亡。換えがないので本体毎換えた方がよさげ。そう高い物でもないしね。レバーのゆがみは叩いて直そうかな。
 パーツも揃わないしこんなスピードじゃ終わりませんね。まぁ予想はしていましたが。旧車レストアする前にメインユースの駆動系を見直せという話です。でも駆動系を105ベースにするとしたらどう考えても50000円は必要なわけで…。

ルーター

 本当に買ってしまいました。ダイソーじゃないよ。
 

画像

 もう数百円出せば小さいグラインダーが買えてしまう値段です。電池のはもう少し安かったんですが、単四が二本じゃあねぇ…。
 ご丁寧に鞄まで付いてきます。いらねーっての。

画像

 中身はもちろんスカスカです。あわよくば電ドリも入るかなと思ったのだけれど流石に無理でした。電ドリにも専用鞄買おうかなぁ(もちろん百均で

画像

 早速運用。燐酸で錆落としした後磨いてみましたが…うーむ。結構深いところまで錆びてるところもあるらしい。あと砥石のセンターずれてるんですが柳瀬さん的にはこれが仕様なんですかね?
 ヘッドセットを新しくしても良いのだけれど、いかんせん上下ワンを取り外すのも取り付けるのも非常に困難。なんとかして既存のものを使いたい。
 この後もう一度燐酸(正しくは燐酸入りの錆落とし剤ですが)で錆落としをしたところ、深く削ったところの金属光沢が消えてしまいました\(^o^)/ ピカールの出番?
 非常に今更なのですが、実は材質がいまいちよく分かっていません。ネジが切ってある部品なので流石にメッキではないと思うんですが。やはりただの炭素鋼ですかね。ともかく資料が無いので困ります。
 今日お袋に「そんなもの直してどうすんの?」と言われてしまった。それを言っちゃおしまいだぜ。

ルマン

 耐久レースではない。
 

画像

 昔親父が乗っていた自転車らしい。所謂ランドナーというやつ。元々はドロハンだったのですが、叔父が軽トラに突っ込んだ事故で変形してしまった模様。今や貴重な栄輪業製だったのですが。

画像

 名を「Le MANS」といいます。きれいな緑色なんですが、かなり傷が入っています。

画像

 前三角がクロモリ。調べたところ、完成車重量13kg程度だったらしい。泥よけキャリア等フル装備での重量で、年代を考えるとかなり軽い気がする。アラヤのアルミリムも軽量化に一役買っている。タイヤはパナの650Bランドナータイヤ。現在も同じタイヤが生産されているあたり、一定の需要はあるんだろう。

画像

 ヘッドパーツですが、結構キてます。ミニルーターとか欲しい。同様にディレイラーもかなり草臥れています。後ろは動くのですが前が動きません。ちなみにサンツアー製。チェーンホイールはスギノ製。ずらっと国産勢とか胸熱。
 ギアは前二枚後五枚。もちろんカセットスプロケではない。
 ブレーキは前後カンチ。サンツアー製。磨けば使えそうだが…。
 これをどうするのかというと、まぁお察しの通り、レストアしたいわけです。現在はヘッドパーツの分解までやっていますが、錆落としがなかなか進みません。グリスはこの前大きいのを買ったところなのでそれが使えるのですが、使う段階までどのくらい掛かるのやら…。
 またドロハンが曲がってしまっているので日東製のハンドルバーに交換となります。プロムナードバーもクラシックな感じで良いんですけれど、これはあくまでランドナーなのでドロハンでいきます。当時と同じ形のバーを今も安定供給してくれる日東さんには本当に頭が下がります。
 キャリアも錆が回っていて、流石にこれは磨く気になれないので放置。スポーク・ハブはなんとか磨きたいところ。リムはアルミ製だけあって現在でも非常に美しいですね。
 今年中に仕上がるのかこれ…。

D1+

 明るさは申し分ないが、想像以上にブラケットがうんこでした。Flex Tightが天使に見えます。
 取り付け用ゴムバンドは、おそらくシリコンゴム。近頃流行の

画像

 みたいな「軽くて」「小さい」ライトならともかく、D1+程度の大きさになると、スイッチ操作でライトが動いてしまいます。それどころか地面の微少な凹凸で照射光が微振動。これはD1+が激軽なお陰でまだましなんですが、DOSUNテスト走行したの?(余談ですがこのセーフティライトは前後セット380円です。作りが雑なのでオーバーホールしましたが、視認できるくらいには光ってくれます。
 というわけで、別の取り付け方法を考えてみます。とりあえず100均で使えそうなブラケットが無いかと探したんですが、どうにも無さそう。実家に置いてあるブラケットで丁度合いそうなやつありますかねぇ。
 ネジの規格はまだ分かりません。実家に帰ってからホムセンに持って行って、根気よくフィッティングすることにします。まったくこんなド高いライトをシリコンゴムで固定するなんて誰が考えたんだ…。
 尚、CATEYEの名誉のために言っておくと、FlexTightは極端に重いものさえ付けなければ優秀です。単三電池4本使用の重量級EL530を固定しても、雨さえ降らなければ特にずれることは無かったです。(新モデルの話なので一応。旧モデルは…
 だからたぶん、FlexTightがうまくD1+に付けば良い感じに固定出来ると思うんだけど。ネジはあったけど逆向きでしかも小さかったような希ガス元素。ドリルは持っているのでその気になれば異径のものでもなんとかなりそうですがね。大きいのを小さくは出来ないけども。
 あとライトからは話がずれますが、充電用のACアダプタが異様に熱を持ちます。ただの9V電源なので、家にある別の奴使っても良いかもしれない。
 バッテリーは写真で写っていない裏側にゴムの滑り止めが付いています。が、形の都合上クロモリフレームのような細い部分にはフィットしません。まぁ取り付けバンドにも滑り止めが付いているので滑ることは無いんですけど。
 いろいろもうひといきな感じですね。私の場合ライト取り付け方法が最重要課題です。
 以下、上の内容には関係ないメモ
 MFはsinカーブをatanで横に引き延ばしたもの。
 キャスター角αのとき90°ステアするとキャンバー角がα減少。ステア角の一次関数で表せるのかなぁ。なら楽なんだけど。45°傾けたとき丁度半分になってれば一次関数になるか。
 ステア角は大体40°付近が限界らしい。最小転回半径を参考に実際に走って決めるしかない?