「雑記」カテゴリーアーカイブ

hard

 新世界樹2の発売が27日なわけだけれど
 明日(というか今日)実習テスト&ポケモン発売日、28日に実習レポート締め切り。
 27日までに新世界樹1をクリアする…無理じゃね(絶望
 まあ、時間的な問題もあれですけど、五層の雑魚が強い。具体的にはバビルサが強い。なんやあいつ。そこら辺のFOEよりも遙かに破壊力高い(驚きの攻撃力49…)し、属性攻撃に全部耐性持ってるし(下位種には無かったのに)、HPは1300超だし(同階層他のモンスの倍)。あんなのがランダムエンカとか狂ってやがる…。
 今レベル60と59混じりで、FOEは青オーラになるくらいなんだけれど、直前に休養を挟んで、せっかくSP多く振れるようになったんだからと思って振り方を大きく変えたばかり。具体的にはハイランダーをディレイチャージメインに、パラディンをパリングメインに、ガンナーを支援メインに。まあ言ってみれば、ボス向けのSP振りにしたんだけれど、これが探索には実に不向き。ディレイチャージは探索で使うには遅すぎるし、SP振りの犠牲になったスラスト系は威力低くて雑魚征討には向いてないし。パラディンはガード系をLv4で止めたせいで防御陣形をあきらめざるを得なく、後列の守備がおざなり。ついでにパリングの消費SPが重たくて真っ先にガス欠を起こすし。ガンナーも、跳弾は複数体の前じゃ微妙だし、アクトブーストはイマイチ使い道が分からんし。結局雑魚戦で火力になってるのはアルケミだけなのでした。悲しいなあ。
 MH4Gは、とりあえずナズチをソロで撃退するところまではなんとか…。何度も時間切れを経験することになったけれど、執拗に後ろ足と頭に撃ち込み続けたらステルス時に黄色に見えるところまでは行きました。討伐まであとどのくらいダメ要るんだろう…。ちなみに武器は妃竜砲【山桜】。アジャラ砲はいくら無印4で猛威を振るったからって、もうちょっと攻撃力高くてもいいんじゃないの、なんて思う俺でした。まあ、妃竜砲はリミカ、アジャラ砲はしゃがみで運用してるんで差別化は出来てるけどね。ちなみに亜種武器の方のアスールバスターがメイン。イェロバスターは素材あるけど金銭面で見送り。金と重鎧玉がいくらあっても足りん…。
 あと獄弩リュウゼツ最終強化までいきました。んで試し撃ちにテオ討伐に意気揚々と向かったわけだけれど、三乙。どの程度ダメージが入ってたのか分からんのが怖い。最終強化武器なのに、火力不足を感じるとはこれ如何に…。

どうでもいい話

 微妙に酒に酔っているしたぶん後から見ても役に立たないどうでもいい話
 阪九フェリーの新造船が進水式を終えてから数ヶ月、自分の中でフェリー熱が再燃してなんかモデリングしようかなぁとか思ったり思わなかったり。ニューあかし/ながとはどうしたのかって?いやあれは車両甲板の換気口があるせいで面倒くさくて、しかも昔の作風の癖でテクスチャを小分けにしすぎて流石に手をつける気にならないというか。
 というわけで調子に乗って新造船のいずみを…と言いたいんですが資料がなさ過ぎるのでやまと/つくし辺り?せっつ/すおうは瀬戸内海的な換気口が健在なのでパス。もうじき引退するしね。ところで阪九フェリーの公式サイトとかいろんなブログの写真見て気づいたんですが、せっつ/すおうのファンネルって船の中心から微妙に右側にずれてるんですね。一本だからてっきり中心にあるものとばかり思ってたんですけれど…。(ちなみに結局せっつ/すおうだけ乗らずじまいでした…。
 やまと/つくしの形だけれど、最近の船らしくすごく幾何学的な感じで作りやすそうね。船の横から船首に向かう直線的ながら緩やかな絞りはちょっとポリ組に工夫がいりそうだけれど、あかし/ながとと違って甲板をぶち抜いた階段とか無いし(結局投げた原因これかも…)、最後に立ちはだかるのは甲板上の色々な機材くらい?まあ形はそれでいけるとして、問題はテクスチャやね。電車や車やなんかと違って形が極端だから、テクスチャ内に押し込むのが苦しい?あんまり低解像度にしても窓の縁とかぼやけすぎて嫌だしなぁ。
 結局のところテクスチャってのは色々と問題のある表現方法で、昔カーモデに使ってたように一ヶ所に集中した模様だけをテクスチャとして貼り付けるようなことをすると描画時に手数が増えてパフォーマンス的に不利だし、全体に貼り付けるようなテクスチャにするとテクスチャ面積の利用効率が難しい。クルマなんかは大きさが手頃だからこれでもなんとかなるものなんだけれど、船となると…なぁ。ついでに鉄道車輌も辛い。DE10なんかは特殊な形だから無理して押し込んでたけれど、普通の車両になるとどう押し込んだものかと未だにわからん。
 ついでに言うとテクスチャに形状を代替するほどの効力は無くて、たとえば凸凹なんかはバンプマップや視差遮蔽マップやなんかで擬似的に表現できてそれもすごく有用な表現なんだけれど、クルマのボディの継ぎ目(ドアとボディの間)なんかのすごく局所的な凹凸には表現技法的にもテクスチャ解像度的にも堪えられるクオリティじゃない。なんでたとえばCatmull Clerk曲線でボディを作ってテクスチャで境界線を掘る、なんてことはできんわけですな。

画像

 実はこーんなプロジェクトが隠れて進行していたわけですが、結局表現技法が定まっていないため進みません。ボディの継ぎ目をどう再現するのか?最初からオブジェクトを分けてしまうと曲面が途切れるし、曲面をフリーズしてから溝を掘るとなるとあとからの修正が効かなくなる。困ったもんです。こういう制作の方針に対する試行錯誤をしている限りは成果物は出来ないでしょうな。DE10も一緒だけれど。
 Rのモデルを作っているときは、準デフォ規格のおかげで余計な試行錯誤をせずにすんだので本当に生産性が良かったんだけれど、その枷が外れることで生産性がガタ落ちするという困った状態。船モデもカーモデも鉄モデも、自分なりのフォーマットが決まっていないとホイホイ増産出来ないもんです。その辺が、日曜数分モデラーの限界なんだろうなぁ。悲しいなあ。
 なんで船の話してたのにこんな話になったんだっけ…?酔ってるときに書くと本当にろくな文章にならんね。

SRS-D211の話

 ちょっとしたメモ
 クロスオーバー周波数が弄れないからアレだとかどうだとかいう話をどこかで見たのでどの辺でlpf掛かってるのかスウィープサウンドを使って調べてみた。
 結論から言うとフィルタとか掛かってません。誰か知りませんが適当な情報を流してはいけません。
 LFEの周波数特性のイメージ
 45Hzあたりからマトモな音が出始め(20Hzでも振動板はしっかりと動いている)、50Hzで大体普通の音量に。95Hzから100Hz過ぎくらいにちょっとした音量の谷間あり(バスレフのせい?)、その後はフラットに6000Hzまで出る。
 サテライトSPKの周波数特性のイメージ
 150Hzくらいから聞こえる程度になり(それ以前も耳を密着させれば音は出ている)、密閉型らしく後はフラット。私の耳の都合上11500Hz程度までしか聞こえないが、そこまでは問題なく出る。(あらゆるイヤホンやスピーカーを試したりしたけれど、どれも12000Hz弱までしか聞こえなかった。俺の耳ェ…。)
 そんなわけなのでこのウーファーに合うスピーカーとか考えるだけ無駄。音の繋がり云々というより、最初から6000Hzまで被ってしまってるわけだから。ウーファー単体として使うんならサウンドボード側でlfeチャンネルの高域をカットする他ないでしょうな。VIA製のならそういう機能があったんだけれど、今の蟹製のは無い。なんでや…
 ちなみに私は今椅子にスピーカー括り付けてなんちゃってサラウンドやってたり。

画像

 ↑これはひどい…
 結構古い写真だけれど、今は後ろSPKの指向性改善のため段ボールで前向きに導音板みたいなものを付けていたり、ステレオ像改善のためフロントSPKの幅を大きく広げたり。努力の甲斐あってようやくfree surroundでpanoramaを90°に出来るくらいに幅を確保。指向性も大幅改善。
 最後の問題がサブウーファーだったんだけれど、先の検証の結果を踏まえて、他チャンネル150Hz以下カット、LFEチャンネル150Hz以上カット、マトリックスミックスでLFEチャンネルの信号を音量半分ずつにしてフロントSPKにミックスしてます。これで帯域が被ることはありません。
 5.1chといえばWindows標準で付いている「スピーカーフィル」っての、リアチャンネルに信号をただコピーしてるだけじゃなくて、マトリックスデコード的なことを一応やっているみたい。64のドンキーコングはドルビーサラウンド採用なので有名だけれど、サラウンドで出力した動画を再生すると、しっかりした指向性のあるサウンドが鳴る。特に滝をくぐる時の音の移動はちょっと感動。ただどれでも良いってわけでもないみたいで、某サイトのサラウンド試験用の音源はどうしても指向性を持った再生をしてくれない。本当によく分からない。

画像

 結局ClassicShell入れちゃうんだよなぁ
 右のはRainmeterです。Win8でも一応がんばればガジェットを使えるらしいんですが、画面解像度も低いことだし止めにしてスリムなバーにしてみようという作戦。実はメインマシンでも昔やろうとしたんですが作るのが面倒で挫折したんですよ…。画面領域の確保という点でサイドバーが優秀で、作る必要性に乏しかったというのもあるんですけれど。必要は発明の母、人間やれば出来るもんですね。
 横幅はたった50px。ヒストグラムは最初40*10の横長だったんですが、縦10pxはあまりにも感度が低いこと(負荷10%でようやく1px)、ディスクの円グラフとの大きさの差が激しく不格好なことなどから、40*40の正方形に。
 後はコア毎の周波数でも表示できれば良い感じですが、現状温度読みにSpeedfanを使っているため実装は見合わせ。CoreTempやHWiNFOの方が読み取りソフトとしては優秀なんですが、CoreTempはBayTrail-Tに部分的にしか対応していないこと、HWiNFOは裏でも下手するとCPUを1%ほど食うことなどからあまり実装する気になりません…。
 こいつの問題点は、スリープなどから復帰したときに画面領域の確保が無効になってしまうこと。Rainmeter.iniの再読み込みで直るのでOnWakeAction=!RefreshAppにしてるんですが、ヒストグラムがリセットされてないのでどうやら効いていないらしい。なんでや…
 話変わって、新世界樹は3層も佳境…なんですが、hage回数が飛躍的に上昇。ヘルアングラー+ソートフィッシュx3に先制を取られた日には対処のしようも無く…。特にヘルアングラーの水乱射は防御陣形が効かず鬼畜。
 あんまりにも不安定なので3層中盤あたりで二度目の休養を取りました。休養したくせに若干スキルの振り間違いとかしてますけど、それでも随分安定するようになりました。特にサイモンのドラッグ系とフレドリカのペネトレイター取得が大きい。ドラッグなんであんなに通るの?ペネトレイターなんてまだ低レベルなのに結構発動する上通常攻撃どころかスキル攻撃にまで効くし、前の敵にアームスナイプしたのに後ろの敵の腕まで縛れたなんてことザラ。ドリカちゃんがダブルアタックを取得したあたりからハイランダーは火力で三位に後退していたんですが(一位はもちろんアーサー)、さらに水をあけられた形。TP少なくてすぐガス欠するし、補助技も無いし、ハイランダーってどう運用すれば良いんですかね…?現状完全にラクーナさんの弾よけ係になってるんですけど…
 あとFE覚醒DLしました。くれるって言うんだもん…。とりあえずクラシックハードで始めたんですが一章で早速リセットの嵐。なんであの砦と林しか無いマップで敵が全部突撃型なんだよ死ねよとか言ってたんですが、原因はお察しというか、ダブルを使っていなかったためでした。というかダブル使った途端楽勝すぎわろた。あれってデメリット無し(どころか能力上方補正のかかる)救出として使えるんですね。防御の低いユニットを守りにくいマップ(一章とか)では囲まれようがダブルにして能力補正かけた方が安全なようです。杖振りが後衛に回ってしまうと回復がしんどいんですが、一緒に限っては回復するまでも無く瞬殺だったので特に問題にもならず。
 ともかくFE覚醒においてはダブルとデュアルを如何に使い分けるかが重要らしい。世界樹もそうなんですが、動き方とかはどの作品も同じなのに、使えるスキルだとかの違いで攻略方法が全く変わるってのは面白いですよね。カジュアルとクラシックでも戦い方は変わるでしょうし(カジュアルじゃ場合によっては自爆特攻が選択肢に入りそう。)
 そんなこんなでゲーム三昧なんですが、月曜日までに一本、水曜日までに一本レポートを書かないといけないんですよねぇ…どうしよう。

t100ta

買っちゃった☆

 

画像

 初Win8.1です。まぁWin8すら触ったことないんですけれど。
 結論から言うとWin8.1もダメですね。正しくは「吊るし状態でダメ」なのかもしれません。起動は早いし、動作は軽いし、その辺は良い。ただ、GUIが絶望的にダメ。結局MSはWin8の失敗の経験を全く活かせていないようです。まるで成長していない…
 あの大仰なスタートメニューも、ランチャー的に使えて、アプリ一覧も表示アイテムを選べればまだ使えたでしょう。でも実際どっちもできない。ああいうメニューには本来アプリケーションを起動するリンクだけあればいいのに、実際はそうなってない、というか、これまでのプログラムグループの使い方を完全に否定しつつ、互換性を持たせてしまったからおかしなことになってる。やっぱり考えたやつは馬鹿です。間違いない。
 でもまぁ実用的に問題があるかといえばそうでもない。ClassicShellを入れてしまえば良いわけですし。ClassicShellと7TaskbarTweaker+は最早必須。寧ろなぜ標準でこのくらいの機能を搭載していないのかわからない…。
 肝心のT100TAの方ですが、値段の割には中々。タッチパッドがクソという評価が目立ちますが、まぁ実際クソです。面積が狭いため、左右クリック部もパッドに一体化したというのは別に構わんのですが、こんなにストロークが深くて硬いとストレスフル。細長くても構わないから分離した方が良かったでしょうね。そもそも普通タッチパッドを使うときはタップで操作するのが殆どなので、分離された左右ボタンを使う場合は非常に限られます。たとえば精密なドラッグがしたいとか、カーソルを動かさずにクリック動作をしたいとか。でもタッチパッド一体型だとどちらもできませんので、個人的にはこの一体型ボタンに存在意義を感じられません。
 対策としては…使わないこと。どうせ一体型で一枚のタッチパッドなので、クリック動作なんてなかったと思い込めば別に問題ありません。が、タッチパッドには実はもう一つ悪いところがあって、それが「ジェスチャーがクソ」というある意味致命的とも言えるもの。ドライバ&ユーティリティの更新で多少マシになった気はしますが、それでも褒められたものじゃありません。特に多用する「二本指でのスクロール」が不安定。Win8.1デフォのスタート画面で使おうものなら、誤爆が頻発して関係ないアプリが起動しまくります。何度か試してみましたが、右に来る指のほうがタッチパッドの上に来るようにした方が良く認識するような気がします。気のせいかもしれませんけど…。私二本指スクロールは中指と薬指でする派なもんで(人差し指はクリックボタン上空で待機)、開発側の意図する人差し指と中指と指の位置が違うから余計ダメなのかもしれません。
 悪いところばかり挙げましたがそれ以外はすこぶる良好。特に電池の持ちに関しては感動的です。本当に減りませんね。30分でパッテリーを食いつぶすサブノートとは大違いです。これで電源を確保することなくゼミやなんかでPC使い放題です。やったぜ。
 現状オフィスは試用版を入れてあるんですが、近日中にきちんとしたものを買わないといけません。アカデミックで買おうと思ったんですが、バラ以外だとProfessionalしかない模様…。確かにアカデミックなのにHome&Businessってのもおかしな話ですけれど。それでもOutllookとかAccessとかOneNoteとか、どう考えても要らない。現状絶対にMSOfficeじゃないと困るのはPowerPointだけなんです。これだけはほかの人が作ったものとマージすることが多いので、Impressなんかで作っちゃうとレイアウト崩れでひどい目に合う。経験者は語る。
 逆にいうとWordとExcelは絶対MSOfficeでないと困るわけでもありません。現状では。そこで考えました。PowerPointとExcelだけアカデミックのバラで買って、加えて一太郎をアカデミックで買えばいいんじゃね。大体総計はProfessionalと同じくらいになりますが、個人的にWord+Outlook+Access+OneNote<<<<一太郎+ATOKなので、別に損した気にはなりません。加えてジャストシステムのソフトは3台までインスコ可能なので、メイン・サブノート・タブレットの三つともATOK化できます。これはおいしい。(ちなみにMSOfficeは二台までだそう…。)Officeの試用期間はまだ余裕がありますが、年賀状も作らないといけないので、一太郎はさっさと頼んでしまおうかとか思っています。  ちなみにアカデミックでMSOfficeのソフトは大体8kちょいが最安。一方一太郎はATOK付でアカデミック6kちょいの模様。安すぎィ!  こうして私のWin機がまた一つ増えたわけですが、大学でこのタブレットがWin機三台目だと言ったら「一個くれ」とか言われてしまいました。お断りします。